40代になると疲れやすいのはなぜ?3つの改善法

40代になると疲れやすいのはなぜ?

どうして40代になると疲れやすくなるのでしょうか?

40代になると疲れやすくなる原因と改善法についてまとめました。

40代になると疲れやすくなるのはなぜ?

40代くらいになると寝ても疲れが取れない

疲れやすくなったという回数が増えてきます。

どうして40歳くらいになると疲れやすくなるのでしょうか?

考えられる原因は、

  • 筋力の低下
  • ストレス

が、考えられます。

食べたものをエネルギーに変えてくれる70%は、筋肉ですので

筋力が衰えるとエネルギーに変換してくれる量が減るので、

元気が出なくなってくるのは当然かもしれませんね。

また、40代は、家庭においても社会でも責任感が

求められる年齢になってきます。

子育てや子供の受験、介護、仕事場での人間関係など

様々な悩み事が増える年代でストレスがかかりやすい年代でもありますね。

身体的にも精神的にも疲れやすくなる年齢だと思います。

良くいただくお悩みは、

体力がなく疲れやすい。また物忘れも激しいです。

どうしたらいいのでしょうか?

身体がだるくて、家事をするのがやっとです。

肩こり、首凝りがひどく疲れやすいです。

などです。

身体のだるさや疲れが毎日続くと辛いですよね。

年齢を重ねていくとどうしても筋力や代謝が落ちたり、

気血の巡りが悪くなって不調が起こりがちです。

筋力をつけて代謝アップを図り、自律神経のバランスが整ったなら、

不調は、改善していきます。

何歳からでも若い頃のような気力も体力も戻すことは出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

肩こり・首こり・猫背も改善

40代の疲れ・だるさ3つの改善法

40歳からの疲れやだるさを改善する方法は、

  1. 筋力をつける
  2. ストレスを解消する
  3. 代謝アップの食事法

詳しく見ていきたいと思います。

筋力をつける

40歳くらいからは、筋力もどんどん衰えてきて、

気がつかないうちに姿勢も悪くなっています。

姿勢が悪いと呼吸も浅くなりがちになり、さらに代謝が悪くなります。

歩くときは、背筋を伸ばして歩くようにしましょう。

また、日常生活の中では、出来るだけエレベーターを使わずに

階段を使うようにしましょう。

ストレスを解消する

こまめなストレスケアが重要です。

リラックスしてゆったりお風呂に入ることは、とても大切です。

お気に入りのアロマオイルを使うのもいいでしょう。

十分な睡眠はとても大切ですが、

体に緊張があるとなかなか寝付けないものです。

ベッドサイドにアロマオイルやお香を置くのも良いでしょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

快眠

ヒノキアロマの使い方

また、ストレスをためないために深い呼吸が大切です。

代謝アップの食事法

野菜中心で肉や魚を摂らない食事法の人もいますが、40歳を過ぎたら

肉や魚のタンパク質はしっかりととった方が良いと思います。

筋力をつけるためにもタンパク質は重要です。

代謝アップの食品は、

卵、牛乳、チーズ、肉、納豆、魚、味噌、豆腐などですね。

こちらも合わせてどうぞ↓

免疫力を高める食べ物

40代からの疲れだるさ改善法にチベット体操がオススメ!

40代からの疲れやだるさ改善にお家で簡単に出来る

チベット体操がオススメです。

チベット体操とは?

チベット体操は、6つのポーズからなる体操で、1日5分から行えます。

日毎に筋力がついていくのが実感できることでしょう。

また、ゆっくりとした呼吸と合わせて行うので、ストレスケアにも最適です。

チベット体操とは?

チベット体操のやり方

体力アップ、自律神経のバランスを整えてくれるのが、チベット体操です。

回数が増えていくごとに少しづつ、だるさや疲れやすさが

改善していくのを実感できることでしょう。

チベット体操の効果

40代になると疲れやすいのはなぜ?まとめ

40代になると疲れやすいのは、筋力の衰えとストレスでした。

筋力をつけてストレスケアを行うことで疲れやだるさが改善していきます。

筋力をつけてストレスケア同時に行える方法でオススメなのが

チベット体操です。

チベット体操は、簡単で優れています。

一度、身につけたなら、おうちで簡単に行えますので

是非、お試しくださいね。やり方は↓

チベット体操のやり方

また、チベット体操は、お近くのインストラクターから習うことが出来ます。

オンラインでも全国どこからでも学ぶことが出来ます。

チベット体操教室

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする