50代からの疲れやすい原因は抗重力筋にあった!

50代からの疲れやすい原因は抗重力筋にあった!

50代になると疲れやすくなったと感じる人は多いのではないでしょうか。

年だから仕方ない、と諦めていませんか?

人生100年時代、50代は、まだまだ折り返し地点です。

50代こそがいつまでも元気でいるための身体作りの年代だとも言えます。

いつまでも若々しくいるために重要な抗重力筋について

見ていきたいと思います。

50代がターニングポイント

50代は、ターニングポイントの年代です。

それは、筋肉量が急激に衰える年代だからです。

老年医学会による筋肉量の推移のグラフを見ると

男性は、40代半ばくらいから、

女性は、50代くらいから筋肉の量が急激に衰えていきます。

でも大丈夫!

特に筋肉は、優秀なので何歳からでも筋肉量を増やすことは出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

アンチエイジングヨガで美しく年齢を重ねる

体が硬い人向けストレッチでどんどん柔らかくなる

引用元:https://www.asahi.com/relife/article/13257609

若さの秘訣は、抗重力筋!

若さの秘訣は、抗重力筋にあります。

50代から疲れにくい体にするためには、抗重力筋を鍛える事がポイントです。

抗重力筋とは?

抗重力筋とは、どのような筋肉でしょうか?

抗重力筋は地球の重力に対して姿勢を保つために働く筋肉のことです。

下腿・大腿・腹部・胸部・首の各部前後に張り巡らされ、

前後互いに伸び縮みをしながらバランスを取っています。

立っているだけ・座っているだけでも

常に抗重力筋のどれかが緊張しています。

最も疲労しやすく収縮したままになりやすい筋肉といえます。

引用元:厚生労働省e-ヘルスネット

疲れやすい原因は抗重力筋にあり

疲れやすい原因は抗重力筋にあります。

抗重力筋は、姿勢の維持に重要な筋肉ですが、

筋肉量が減ると、姿勢が崩れるということに繋がります。

姿勢が崩れるということは、筋肉に歪みが生じ、

肩こりや腰痛などの原因となります。

本来抗重力筋が正しい状態にあると、

抗重力筋全体がバランスを取り合い身体の歪みが修正されます。

日常生活で身体に癖がつくと、

抗重力筋は癖のある悪い姿勢を記憶して身体の歪みを作り、

慢性の肩こりや腰痛を引き起こします。

例えば座り仕事・立ち仕事のように一定の姿勢を続けることは

抗重力筋の疲労や収縮に繋がり、抗重力筋同士のバランスが乱れます。

引用元:厚生労働省e-ヘルスネット

抗重力筋で見た目年齢が変わる!

抗重力筋で見た目年齢が変わります。

背中や腰が曲がっているといかにもお年寄りというイメージです。

50代でも80代にしか見えない人もいます。

逆に80代、90代でも背筋が伸びた若々しい人もいます。

見た目年齢は、抗重力筋が決めているとも言えそうです。

抗重力筋を鍛える効果

抗重力筋を鍛える効果は

  1. 姿勢を綺麗にする
  2. ダイエット効果
  3. 疲れにくい体
  4. 心の安定

詳しく見ていきましょう。

1.姿勢を綺麗にする

抗重力筋を鍛える一番の効果は、姿勢の美しさをキープできることにあります。

抗重力筋が衰えると50代でもとても老けた印象となります。

抗重力筋を鍛えることで年齢を重ねても美しい姿勢を維持できます。

2.ダイエット効果

50代にもなるとダイエットしたくても痩せにくいという事が

あるのではないでしょうか。

食べたものの多くは、筋肉でエネルギーに変わるので、筋肉量が少ないと

痩せにくい体となります。

抗重力筋を鍛えることで若い頃と同じように痩せやすい身体へと変わります。

3.疲れにくい体

抗重力筋が衰えることで、代謝が落ち、姿勢も崩れて

肩こりや腰痛などを引き起こします。

抗重力筋を鍛えることで代謝がアップし、

肩こり腰痛なども改善され疲れにくい体となります。

4.心の安定

抗重力筋が衰え筋肉が硬くなることで気血の巡りも悪くなります。

巡りが悪くなることで身体の緊張がほぐれにくくなります。

身体の緊張が解れないとリラックスできないので、夜なかなか寝付けなかったり

イライラしがちになったりします。

抗重力筋を鍛えることで筋肉がほぐれリラックス出来るために

夜もぐっすりと眠れ、いつも心が安定した状態でいる事が出来ます。

抗重力筋を鍛えるには?

抗重力筋を鍛えるには、やはり運動が必要になります。

例えば座り仕事・立ち仕事のように一定の姿勢を続けることは

抗重力筋の疲労や収縮に繋がり、抗重力筋同士のバランスが乱れます。

このような場合は、ストレッチングなどの運動で

緊張を積極的にほぐす必要があります。

また座り仕事を長期間続け歩かないことは下半身の抗重力筋を退化させ、

抗重力筋同士のバランスを崩して姿勢が崩れます。

予防のためにウォーキングなどの適度な運動をすることが

望ましいと考えられます。

引用元:厚生労働省e-ヘルスネット

抗重力筋を鍛えしなやかで疲れにくい体に変えていきましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

アンチエイジングヨガで美しく年齢を重ねる

体が硬い人向けストレッチでどんどん柔らかくなる

肩こり・首こり猫背も改善できるストレッチ

40代からの腰痛・坐骨神経痛改善ストレッチ

体の歪み解消ストレッチ

背骨の歪みが改善すると心と身体が整う

オススメはチベット体操

抗重力筋を鍛えるためにおすすめの体操は、チベット体操です。

チベット体操は、何歳からでも無理なく始める事が出来ます。

21回を目指して行う体操なので、

お一人一人の身体の状態に合わせて継続する事が出来ます。

動画を見ながら簡単に行うことも出来ますし、

お近くのチベット体操インストラクターから指導を受けることも出来ます。

オンラインでも指導を受ける事が出来ます。

チベット体操のやり方

チベット体操教室

50代からの疲れやすい原因は抗重力筋にあった!まとめ

50代からの疲れやすい原因は抗重力筋にあった!まとめです。

抗重力筋は、姿勢に関わる重要な筋肉です。

50代から急激に筋肉量が減るので、美容にも健康面でも鍛える必要があります。

抗重力筋を鍛える事で疲れにくい体に変わるだけでなく、

見た目年齢もグーンと若返ります。

そのためにオススメなのがチベット体操です。

誰でも簡単に出来ますので是非試してみて下さいね。

チベット体操のやり方

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする