アストラル体エーテル体を浄化するとチャクラが開く?

アストラル体エーテル体を浄化するとチャクラが開く?

アストラル体エーテル体という言葉を良く聞くことと思いますが

どのようなものなのでしょうか。

アストラル体エーテル体の浄化について東洋医学・チベット医学の観点から

考えてみました。

アストラル体エーテル体とは?

アストラル体エーテル体とは、人智学に基づいた生命の構成要素の一つです。

アントロポゾフィー医学が基になっています。

アントロポゾフィー医学は、1920年代のはじめに

オーストリア出身の思想家ルドルフ・シュタイナー(1861~1925)と

オランダ人の女性医師イタ・ヴェーグマン(1876~1943)ら

数名の医師との共同作業によって創始されました。

「アントロポゾフィー」という言葉は、

ギリシャ語の「人間」を表すアントロポスと

「叡智」を表すソフィアとを合成した語で、

シュタイナーが自らの思想を指して使ったものです。

引用元:http://agetsuma.net/Anthroposophie/index.html

シュタイナーは、生命は、

  • 肉体
  • エーテル体
  • アストラル体
  • 自我

4つの根源的要素から成り立つと言っています。

肉体は、エーテル体によって存在していると言われていて

アストラル体は、無意識から痛みを感じる世界との間と言われているので

潜在意識のことだと理解されているようです。

ルドルフ・シュタイナーとは?

オーストリアで活躍した神秘思想家、哲学者、教育者(1861–1925)

アントロポゾフィー(人智学)精神運動に尽力しました。

アントロポゾフィーの思想起源は、ギリシャ時代にまで遡ります。

アントロポゾフィー

アントロポゾフィー医学では、人間を身体、心、精神の統合された全体性と

して捉え、各個人の生き生きとしたあり方を尊重します。

それは従来の医学を否定するものではなく、

それらを補完しながらホリスティックなアプローチで拡張します。

引用元:http://j-paam.org

アントロポゾフィーの思想では人間存在を 1 つの宇宙だとと らえ、

外部の自然・宇宙を構成しているものと同じも のが 

1 人の人間にも備わっていると考えられているのだそうです。

これは、東洋医学の考え方と一致します。

東洋医学では、人体を小宇宙と捉え、人間は、自然の一部と考えます。

また、アントロポゾフィーでは人間の生涯を7年の周期で変化すると

考えられています。

0〜7歳:肉体の成長が著しい時期・この世は、善なるところだという安心感

7〜14歳:乳歯から永久歯に生え変わり成長著しい時期・この世は美しいという体験で自然や芸術、友人、教師に恵まれることが重要

14〜21歳:骨格が完成し身体能力が高まります。この世に真実を見出すことが重要

21歳〜42歳:魂を成長させる時期、35歳を過ぎると苦悩の中で魂が成熟

42歳〜:青年期の理想と現実の生活とのギャップに驚愕する

49歳〜加齢に伴う新しい身体活動へと入っていく

56歳〜:後継者を育てることに視点が置かれる

63歳〜:人生の意味を確かめ次の人生への準備期間

参照元:https://ratik.org/wp-content/uploads/yahiro2017.pdf

東洋医学にも男性は、八の倍数、女性は、七の倍数で変化するというものが

ありますが、似ていますね。

詳しくは↓

未病ケアがアンチエイジングのポイント

アストラル体

アストラル体についてです。

アストラル体は、アントロポゾフィー医学において、

肉体に意識をもたらすものと言われいるためか、感情体とも言われています。

シュタイナーの思想は、それぞれの立場で解釈がいろいろとあるようです。

アストラル体は、無意識と覚醒(日中の意識)の間とも言われているようなので

多くの人達の理解は、潜在意識という理解のようです。

ですので、アストラル体の浄化というのは、潜在意識の浄化にもつながります。

ただ、潜在意識の浄化と全く同じものかというと

そういうわけでもなさそうです。

いわゆる気、プラーナと呼ばれるようなものも

そこには関係しているように思います。

東洋医学やチベット医学においても感情と五臓六腑や気、プラーナは、

深い関係にあります。

私が学んだインドヨーガの師からは、

アストラル体は、夢を見ている状態の時に優位になると教えられました。

エーテル体

エーテル体についてです。

エーテル体とは、アントロポゾフィー医学においては、

生命体のことだと言われています。

人体の成長や生殖をつかさどる力でもありますが、

一方、人間の成長とともに、思考などの高次の働きの源泉となるものでも

あります。

引用元:http://agetsuma.net/Anthroposophie/index.html

エーテル体は、ヴェーダンタ哲学では、

プラーナである微細な身体とも言われているようです。

東洋医学では、体表に衛気という気が巡っていますし、

チベット哲学では、プラーナに起因する微細な身体というものがあります。

似ている概念のような気がしますね。

アストラル体エーテル体とチャクラ

アストラル体エーテル体とチャクラについてです。

アストラル体もエーテル体もプラーナ ・気を抜きにしては

考えることは難しいようです。

プラーナ ・気と深く関係していると考えるなら

アストラル体エーテル体を浄化することはチャクラの浄化とも関係しています。

チャクラが浄化されるとチャクラ は開きますので

アストラル体エーテル体を浄化するとチャクラ は開くと言えそうです。

詳しくお知りになりたい方は、チベット体操2級講座がオススメです。

アストラル体エーテル体浄化

アストラル体エーテル体浄化についてです。

本当に自分が生き たい人生を生きているかどうかは

魂に大きな影響を与え 健康を左右します。

というのがアントロポゾフィー医学の考え方です。

そのためには、アストラル体エーテル体の浄化は

とても重要なことのように思います。

アストラル体エーテル体を浄化しチャクラが開くことは

魂が望む人生を生きることに繋がります。

アストラル体エーテル体共に浄化する方法としてチベット体操がオススメです。

アストラル体エーテル体を浄化するとチャクラが開く?まとめ

アストラル体エーテル体を浄化するとチャクラが開く?まとめです。

アストラル体エーテル体はプラーナ ・気と深く結びついているようです。

アストラル体エーテル体を浄化してチャクラを開くことで

魂が望む生き方が出来そうです。

アストラル体エーテル体を浄化してチャクラを開くという目的を

達成するためにはチベット体操が向いています。

チベット体操は、動画を見ながら実践することも出来ます。

また、指導を受けたい方は、全国のチベット体操インストラクターから

指導を受けることが出来ます。

アストラル体エーテル体チャクラについて深く学びたい方は

チベット体操2級講座がオススメです。

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする