自己受容のトレーニングで自己肯定感が高くなる!

自己受容のトレーニングで自己肯定感が高くなる!

自己肯定感が高い、あるいは、低いという言葉をよく聞くようになりました。

自己受容が出来ると自己肯定感が高くなります。

自己受容のトレーニングで自己肯定感を高くしていきましょう。

詳しく見ていきたいと思います。

自己受容とは?

自己受容とは、ありのままの自分を受け入れるということですよね。

人間心理学におけるアクセプタンス(Acceptance)、

受容(じゅよう)とは、

その人が置かれた現実の状況について、変化や抵抗しようとせずに、

その過程や状況を理解しようとする姿である。

引用元:wikipedia

自己肯定感とは?

自己肯定感とは、自分には、価値があると思える意識

ということのようです。

ネガティブな状況では、自己肯定感が高いと前向きに考えられますが

自己肯定感が低いと、なんて自分はダメなんだと落ち込んでしまう

という違いがあるので、やはり自己肯定感は、高い方が良いようです。

そのために自己肯定感を高めるための書籍などたくさん出ていますよね。

自己肯定感を高めると人生がどんどんうまくいくようなので

高めていかないといけないと思っている人も多いのではないでしょうか。

自己肯定感は高めないといけないの?低いとどうなる?

自己肯定感が高い人と低い人との違いは、子供の頃からの経験によって

左右されるようです。

一方、自己肯定感が高すぎるとナルシズムに陥ってしまうという

危険があります。

エゴの意識が強くなってしまうんですよね。

自己肯定感が低くてもいつも他人の意見を気にしたり、

劣等感が強くなったり、依存度が高くなるなど弊害があります。

では、どうしたら良いのでしょうか。

心の本質とは?

心の本質とはどのようなことでしょうか。

チベットの教えの中では、心というのは、本来澄み渡ったものであり、

思考や概念、感情というものは、わき起こっては消えていくもの

だと言われています。

人生には、さまざまなことが起きてきますが、

一切は、輪廻の中の一コマにしか過ぎず

一つ一つに囚われることが悩みや苦しみにつながると言われています。

いつも自分の心の中が感情や概念などでいっぱいだと苦しくなりますよね。

余裕があると楽です。

常に澄み渡った本来の心の状態でいるということは、難しいことですが

隙間を作って余裕を持たせておくことは出来そうです。

自己受容のトレーニングとは?

自己受容のトレーニングとはどのように行ったらいいのでしょうか。

ありのままの自分を受け入れようと思っても

人生の中で習慣化されてしまった自分の心をそのままに受け入れるというのは

簡単なようでなかなか難しいようです。

そのためには、ありのままの自分を受け入れるトレーニングが必要となります。

そのトレーニングが瞑想になります。

本来の心の状態に留まる時間を1分でもいいので作っていくことが

心においては、いいのではないでしょうか。

こちらも合わせてどうぞ↓

瞑想の意味

瞑想の効果

瞑想は人生を豊かにする

瞑想は日々の生活や人生を豊かにしていくものです。

焦らず少しづつ、積み上げていくことが重要です。

瞑想について学びアドバイスが出来る瞑想インストラクター養成講座

あります。

オンラインで御受講いただけます。

自己受容のトレーニングで自己肯定感が高くなる!まとめ

自己受容のトレーニングで自己肯定感が高くなる!まとめです。

ありのままの自分を受け入れるためにオススメなのが瞑想です。

瞑想により、心の本質が理解できるようになります。

心の本質を理解できると自己肯定感が自ずと高まった状態となります。

自己肯定感が低い状態というのは、心の本質が理解できていない状態ですね。

自己受容トレーニングである瞑想をライフワークとして

取り組んで見てはいかがでしょうか。

10の瞑想法を学べる瞑想インストラクター養成講座がお勧めです。

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする