季節の変わり目は気分が沈む?メンタル不調からの回復法

季節の変わり目は、気分が沈む、なんとなく不調

抑うつ気分や意欲の低下など季節の変わり目に起こる人は、多いですね。

メンタル不調の回復方法を知って対策をとりましょう。

なぜ季節の変わり目は気分が沈むのか?

秋から冬にかけてなんとなく鬱々して気分が晴れない

寒くなってくると気持ちが塞ぎがち

という方は、季節性感情障害という病気からくる症状で季節性うつ、冬季うつ

などと呼ばれています。

日照時間が少なくなることでセロトニンの分泌量が減り、

気分が沈みがちになるというのが原因です。

症状が重い場合は、専門の病院に行くことがオススメですが、

軽い場合は、日常生活で工夫をすることで改善出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

セロトニンの働き

メンタル不調の改善法は?

誰もがなる可能性がありますので、

普段から予防として行っておくといいですね。

1.日光を浴びる

原因の一つは、日照時間の減少とも言われています。

太陽を浴びることでセロトニンの分泌が促されます。

2.バランスの良い食事

セロトニン分泌の減少が原因の一つですので、

セロトニン分泌を促す食事を心がけることが重要です。

セロトニン分泌を促す栄養は、トリプトファンですが、

トリプトファンの吸収や利用には、ビタミン、ミネラルの摂取も大事です。

3.生活リズムを整える

体内時計の乱れも関係していると言われています。

起床時間や就寝時間などをある程度決めて

規則正しい生活のリズムを作りましょう。

4.軽い運動を心がける

ゆっくりとした呼吸を合わせた軽い運動は、セロトニンの分泌を促します。

また、自律神経のバランスも整える働きもあります。

こちらも合わせてどうぞ↓

自律神経を整える体操

呼吸法の効果

季節の変わり目を快適に過ごすためにチベット体操がオススメ

軽い運動としてチベット体操がオススメです。

チベット体操は、ゆっくりとした呼吸と合わせて行う体操です。

また、反復運動でもあるため、セロトニン分泌も促します。

寒さが増してくると体は、縮こまり硬くなって血流も悪くなります。

身体を動かすことで体を緩め血液の流れも良くしてくれます。

ゆっくりとした呼吸は、自律神経の働きを整え、

精神も穏やかに安定させてくれます。

私たち人間は、外界の影響を受けるので季節の変わり目に合わせた

こまめなセルフケアを日頃から習慣にしておくことが大事です。

チベット体操は、たった6つのポーズなので誰でも簡単に行うことが出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

幸せホルモンとは?

チベット体操のやり方

チベット体操をマスターする

全国にチベット体操指導が出来るインストラクターがいます。

お近くにいない場合は、オンラインでも受けることが出来ます。

全国のチベット体操インストラクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする