深呼吸のやり過ぎは体に悪い?

深呼吸のやり過ぎは、体に悪い?

深呼吸は体に悪い、深呼吸のしすぎは、体によくない

というのが目に止まったのでなぜ悪いのだろうか?と思いました。

深い呼吸をしましょう。と言ってきたのに、これは大問題です。

なぜ、深呼吸が体に悪いのか調べてみました。

呼吸が変わると人生が変わる

呼吸が変わると人生が変わります。

こちらの書籍に

呼吸を変えただけで人生が変わったという事が書かれているようです。

そして、口呼吸が良くない、鼻呼吸が良いということのようです。

深呼吸自体が悪いというよりも鼻で呼吸した方がいいよ

ということみたいですね。

本書の著者は、慢性的な呼吸過多の状態でした。

会社の管理職につき、子供のころからずっと喘息に悩まされ、

健康状態は良好ではありませんでした。

そのせいで、自分は体力がない、自信が持てないといった、

ネガティブな自己イメージをもっていました。

しかし“鼻呼吸”を知ったことで人生が激変します。

ロシア人医師・故コンスタンチン・ビューテイコ氏から鼻呼吸法を教わり、

この呼吸法を実践したところ、

長年の睡眠障害と喘息を改善することができました。

それをきっかけに著者は仕事を辞め、

ビューテイコ氏に弟子入りして呼吸法を本格的に学びます。

そして「酸素アドバンテージ・プログラム」を開発したのです。

現在はオリンピックの金メダリストをはじめ、

アスリートから一般の方まで指導しています。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000011466.html

鼻呼吸に変えただけで病気が治り、仕事で成功を手にするなんてすごいですね。

呼吸を変えるだけで人生が変わる!

呼吸は、普段、当たり前で気にもかけていませんが、

人生を変えてしまうほどのものなのですよね。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法の効果

鼻呼吸

鼻呼吸についてみていきましょう。

生命維持に欠かせない呼吸ですが、基本の呼吸は、鼻から吸う事が基本です。

鼻呼吸ですね。

なぜ口ではなく、鼻呼吸が良いのでしょうか?

  1. 異物を除去する
  2. 空気の温度調整

2つの働きがあります。

詳しく見ていきましょう。

1.異物を除去

鼻は、空気清浄機のような働きをしてくれます。

鼻には、微細な線毛と粘液層があり、鼻から入った空気中の細菌やウイルスを

捕獲してくれます。

細菌やウイルスが体内に潜入するのを防ぐ働きがあるので

感染症にかかりにくくなります。

2.空気の温度調整

鼻から息を吸うことで空気の温度調整を行ってくれます。

外気の冷たい空気を温めてくれるのです。

こまめに温度調整をしてくれた空気が肺に届きます。

口呼吸の場合は、温度調整をしてくれないのでそのまま肺に送り込まれ

肺の負担が大きくなります。

口呼吸は万病の元?

口呼吸は、万病の元?

口呼吸の人が多い現代ですが、なぜ口呼吸は良くないのでしょうか?

口呼吸が良くない理由は

  1. 異物を取り除くことが出来ない
  2. 温度・湿度調整が出来ない

この2つのなります。

詳しく見ていきましょう。

1.異物を取り除くことが出来ない

口呼吸は、鼻呼吸ほど異物を取り除くことが出来ません。

鼻で除去されるべき遺物が喉にまで入ってくると

気道が細菌やウイルスに感染する危険性が高まり、

風邪などにかかりやすくなります。

2.温度・湿度調整が出来ない

口呼吸を行うことで空気の温度・湿度調整が行われず

空気がダイレクトに肺に入ることになります。

肺に大きな負担がかかることで肺の免疫も下げることにつながります。

深呼吸のやり過ぎは体に悪い理由

深呼吸のやり過ぎは体に悪い理由についてです。

深呼吸をやりすぎることで体に負担がかかる理由は

口呼吸の場合です。

口呼吸で深呼吸を行うとたくさんの異物や細菌、ウイルスを取り込み

肺への負担が大きくなってしまいます。

体に良いことだと思って行っていることがかえって

体に悪いことを行っていると言うことになってしまいますね。

深呼吸は、鼻呼吸で行うようにしましょう。

鼻呼吸で行うことで深呼吸の恩恵を得ることが出来ます。

深呼吸を正しく行う方法

深呼吸を正しく行う方法についてです。

正しい深呼吸を身につけるためにオススメは、腹式呼吸です。

ゆっくりと鼻から吸って、ゆっくりと鼻で吐く

この呼吸を練習することで鼻呼吸が身につくようになることでしょう。

しかし、ゆっくりとした腹式呼吸は、慣れないと難しいと

感じるかもしれませんね。

練習を重ねるうちに慣れてきますので、何回も行う事がオススメです。

こちらも合わせてどうぞ↓

腹式呼吸のメリット

鼻詰まりの場合はどうする?

鼻詰まりの場合は、どうしたら良いのでしょうか?

鼻詰まりの時には、お風呂の温度より少し高め50度くらいのお湯に

タオルをつけて、絞って鼻に当てます。

鼻の通りが良くなったら、腹式呼吸の練習を行いましょう。

また、鼻のツボを軽く押して鼻詰まりを予防しておくこともオススメです。

深呼吸のやり過ぎは体に悪い?まとめ

深呼吸のやり過ぎは体に悪い?まとめです。

深呼吸を口で行うのではなく、鼻呼吸で行うようにしましょう。

呼吸が変わるだけで、体調も良くなり人生が変わることになるかもしれません。

鼻呼吸を身につけるためには、腹式呼吸がオススメです。

誰でも簡単に出来るので是非、お試しくださいね。

また、呼吸法のスペシャリストになりたい方は、

呼吸ヨガアドバイザー養成講座がオススメです。

オンラインでご受講いただけます。

◆チベット体操や呼吸法・瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする