肩の力を抜くと自然体で生きられる

肩の力を抜いてください。リラックスして、

と、言われたことはありませんか?

自分では、力を抜いているつもりなのだけれど、

そもそもリラックスってどんな状態?

と思ったことはありませんか?

リラックスとは?

リラックしましょう。という言葉をよく聞きますが、

そもそもリラックスとは、どのような状態でしょうか。

リラックスは、緊張の対義語で、体や心が張り詰めた状態にないことを

意味するリラクゼーションの動詞である。

relaxの起源は、ラテン語のrelaxareを語源とする中英語であり、

re-laxare は「再び (re ) 緩める (laxare )」

あるいは「緩んだ状態へ (laxare ) 戻す (re ) 」ことを意味する。

引用元:デジタル大辞泉

とあります。

心と身体両方が緊張から解き放たれた状態を意味するのですね。

肩に力が入る心理

肩に力が入る時って、どんな時でしょうか。

  • 失敗したくないと思った時
  • 無理をしている時
  • 誠実でいたいと思っている時

など、ネガティブ、ポジティブ両方ありますが

心に緊張を生んでいる状態ですね。

緊張を生む状態は、人生では幾度となく訪れますが、

長期間続くと不調につながるので、

緊張と弛緩を自在にコントロールできる方法を身につけておくといいですね。

自分の内側に目を向ける

深いリラックス状態を作るためには、

緊張と弛緩の繰り返しが効果的だと言われます。

繰り返すことで自律神経のバランスがとれやすくなるからですね。

こちらも合わせてどうぞ↓

自律神経を整える体操

心と身体がどのくらい緊張しているかは、

自分の内面に意識を向けることでわかるようになってきます。

普段から内面に意識を向ける練習をしておくといいですね。

緊張をほぐしたいときには、身体と呼吸を使うと簡単に力が抜けてきます。

軽く身体を揺すったり、深呼吸を行うことでも力が抜けますね。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法でリラックス

普段から習慣化しておくと自然体で生きられるようになりますよ。

深くリラックスする方法

呼吸と合わせた動きで体と心の緊張を解くチベット体操の心地良さは、

深いリラックス状態だと言えると思います。

チベット体操を生活の一部にすると自分の内面に意識を向けやすく

心と身体の緊張と弛緩のコントロールが出来るようになります。

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操のやり方

チベット体操をマスターするには?

全国のチベット体操インストラクターから指導を受けることが出来ます。

オンラインでも指導を受け得ることが出来ます。

肩の力を抜いて自然体で生きられますよ!

全国のチベット体操インストラクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする