ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛み?対処法は?

ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛み?対処法は?

ストレッチのやりすぎや伸ばしすぎで痛いというお悩みが多いようです。

対処法はあるのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛い

ストレッチのやりすぎ伸ばしすぎで痛いというお悩みについてです。

yahoo知恵袋さんから引用してみます↓

ストレッチのやりすぎで 左足を柔らかくしようと焦って(もともと固いので)、

ありとあらゆる方法で、やり過ぎた結果、左臀部(特に座骨周辺)を中心に、

逆に伸ばすとビリビリと痛むようになってしまい、前よりも固く伸びなく

なってしまいました(泣)

引用元:yahoo知恵袋

柔軟ストレッチのやりすぎで太ももの裏が痛いです。

ストレッチや筋トレなど身体を動かすことをせずに安静にしていたら

治りますか?

引用元:yahoo知恵袋

ストレッチをしたら、翌日背中が筋肉痛のような感じになったのですが、

これはストレッチのやりすぎですか?

引用元:yahoo知恵袋

ストレッチで、股関節を伸ばしすぎて 股関節が痛くなってしまいました

どんな対処法、また、痛さを軽減するためにどのようなことをすれば

いいですか?

引用元:yahoo知恵袋

ストレッチをしてる時に、太ももの裏を伸ばしすぎてピキっと音が鳴り

少しの痛みが来たのですがこれはなぜなのでしょうか?

引用元:yahoo知恵袋

最近ストレッチにはまっています。

伸ばしすぎが原因だと思うのですが、翌朝は筋トレをした時の筋肉痛のような

状態になっています。

引用元:yahoo知恵袋

まだまだたくさん出てきます。

ストレッチで伸ばしすぎたりやりすぎて痛みが出たという経験の人は

多いのではないでしょうか。

2〜3日くらいで治るのであればさほど問題はないかと思うのですが

痛みが続くのは、日常生活にも支障が出るので困りますよね。

ストレッチでやりすぎたり伸ばしすぎたりすることで痛みが出る原因と

対処法について見てきましょう。

ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛い原因

ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛い原因についてです。

ストレッチで痛める原因は

  1. 反動をつけて行う
  2. 過剰なストレッチ
  3. 朝起きてすぐのストレッチ

主に3つが考えられます。

詳しく見ていきます。

1.反動をつけて行う

体が硬い状態で反動をつけてストレッチを行うことで過剰な筋肉の伸ばしすぎと

なり痛めます。

股割りなどの負荷をかけてストレッチを行っている10代の若い子達の動画を

youtubeで見ることも出来ますが、決して真似をしてはいけません。

負荷や反動をつけてストレッチを行ってもいいのは、適切な指導者の元、

10代までです。

2.過剰なストレッチ

自分の動かせる範囲を超えて伸ばしすぎると筋肉が引っ張られ損傷を

起こします。

ひどい場合は、炎症をお越し痛みや腫れとなります。

怪我をした時と同じような状態になるので注意しましょう。

3.朝起きてすぐのストレッチ

朝起きた直後は、血の巡りも悪く体が硬い状態です。

いきなり開脚などのストレッチを行うと筋肉に負担がかかり痛めてしまいます。

朝は、体を目覚めさせる程度の緩やかなストレッチにしましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

朝のストレッチ効果とやり方!

ストレッチで伸ばしすぎて痛めないための対処法

ストレッチで伸ばしすぎて痛めないための対処法についてです。

ストレッチでやりすぎたり伸ばしすぎて痛めないためには注意点があります。

対処法は

  1. 体を温めて行う
  2. 呼吸と合わせる
  3. 筋肉をほぐしてから行う

3つをポイントとしてあげることが出来ます。

詳しく見ていきます。

1.体を温めて行う

身体が温まっていない状態でストレッチを行うと筋繊維を痛めやすくなります。

身体を温めてから行うようにしましょう。

寒い日は、レッグウォーマーを使ったりカップ1杯の温かい飲み物を

飲んでから始めるのもいいですね。

こちらも合わせてどうぞ↓

朝のストレッチ効果とやり方!

2.呼吸の合わせて行う

ストレッチを行う時には、反動をつけずにゆっくりと息を吐きながら

伸ばしましょう。

呼吸と合わせて行うチベット体操もおすすめです↓

チベット体操のやり方

3.筋肉をほぐしてから行う

筋肉の緊張をほぐしてからストレッチを行いましょう。

ローラーを使うのもおすすめです↓

筋膜はがしで背中スッキリ!

ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛み?対処法は?まとめ

ストレッチやりすぎ伸ばしすぎで痛み?対処法は?まとめです。

ストレッチは反動をつけすぎたり過剰に伸ばしすぎるなどやりすぎると

筋肉を痛めてしまいます。

ストレッチを行う時には、予め筋肉を温めた状態で呼吸と合わせながら

ゆっくりと行うようにしましょう。

呼吸と合わせて行うチベット体操もおすすめです↓

チベット体操のやり方

◆チベット体操や呼吸法・瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする