ヨガで眠くなるのはなぜ?

ヨガで眠くなるのはなぜ?

ヨガで眠くなるというお悩みが多いようです。

ヨガはなぜ眠くなるのでしょうか?

解決策も合わせて詳しく見ていきたいと思います。

ヨガで眠くなる?

ヨガで眠くなるお悩みについてです。

yahoo知恵袋さんから引用してみます↓

ヨガはやってると眠くなるものですか?

体育でヨガをやっているのですが、

毎回眠気がさしてきて途中で爆睡してしまいます。

気づいたら周りのみんなが違うポーズをしていることがよくあり、

恥ずかしい思いをよくします。

引用元:yahoo知恵袋

夜のヨガのクラスを週1回ペースで続けています。

ヨガの翌日だけ、朝の目覚ましにも気づかないほど眠くなります。

日中、あまりの眠気に数時間寝込んでしまうときもあります。

体の疲れはそれほどではないです。

体で伸ばした部分の筋肉が少し痛い程度です。

引用元:yahoo知恵袋

ヨガをすると その曰 すっごく眠くなります。何故でしょうか?

引用元:yahoo知恵袋

ヨガをすると、眠くなりますが、どうしてですか。

引用元:yahoo知恵袋

2カ月ほど前からヨガを週1回習っています。

きのうも行ってきたのですが、

帰ってきてから とんでもなく眠く、

たまたま何もなかったので 昼寝を4時間、

その後夕食を取ってからさらに 4時間…眠り続けました。

引用元:yahoo知恵袋

ヨガをすると眠くなるという人が多いようです。

まだまだたくさん出てきます。

ヨガをすると眠くなるのはなぜなのでしょうか?

ヨガで眠くなる理由

ヨガで眠くなる理由についてです。

ヨガで眠くなる理由は

  1. 筋肉の緊張がほぐれる
  2. 副交感神経が優位になる
  3. 意識のコントロールが出来ない

3つが原因として考えられます。

詳しく見てきましょう。

1.筋肉の緊張がほぐれる

現代人は、心身共に緊張状態にある人が多く

気がつかないうちに身体のあちらこちが

緊張した状態にあります。

ヨガを行うことで、身体の緊張がほぐれ

リラックスした状態になるため眠くなります。

2.副交感神経が優位になる

自律神経とは、交感神経と副交感神経のバランスにより

身体を調整している神経です。

交感神経は身体を活発に動かすときに働き、

副交感神経は身体を休めるときに働きます。

夜なかなか寝付けない、イライラする、憂鬱、

のぼせや火照りがあるなどの不調は、

自律神経のバランスの乱れです。

日頃、自律神経の乱れからくる不調を抱えている人は

ヨガを行うことで副交感神経の働きが優位になり

深くリラックス出来るために眠くなります。

自律神経について詳しくは↓

自律神経の乱れを整える方法

3.意識のコントロールが出来ない

ヨガは、心身の緊張をほぐし深いリラックス状態の中で

意識の集中を行うことが重要です。

ヨガ初心者は、心身の緊張がほぐれると同時に

意識のコントロールがうまく出来ずに眠くなります。

深いリラックス状態の中での意識のコントロールは

簡単なことではないので

気長に続けていくことが大事です。

ヨガで眠くならないためには?

ヨガで眠くならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

ヨガで眠くなるのは、ヨガの練習が進んでいる証拠とも言えます。

心身の緊張をほぐすことは、簡単なようでなかなか難しいものです。

日頃の緊張がほぐれている証拠なので

無理に眠くなることを抑えようとせず自然に任せましょう。

心身の不要な緊張がほぐれていくと

ヨガで眠くなることも徐々に減っていきます。

ヨガの練習を行った日は、ゆっくりとお風呂につかって

のんびりしてみましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

瞑想すると眠くなるのはなぜ?

ヨガで眠くなるのはなぜ?まとめ

ヨガで眠くなるのはなぜ?まとめです。

ヨガで眠くなるのは、ヨガの練習が進んでいる証拠でもあります。

心と身体が整ってきている証拠なので

その状態も楽しむのがいいと思います。

ヨガの練習を続けるうちに深いリラックスの中の集中した状態を

体現出来るようになることでしょう。

楽しみながら気長に続けていくことが大事ですね。

チャクラについてのヨガ理論も学べる

チャクラヨガアドバイザー養成講座もオススメです。

◆チベット体操やチャクラのメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする