腰痛・坐骨神経痛改善ストレッチ

腰痛の方は、多く、国民病とも言われていますが、その85%は、原因不明なものが多いということです。

この原因不明の腰痛は、日頃からセルフケアでこまめに対処しておくことが望ましいと考えられます。

腰痛の予防には、日常生活でストレッチを行い、筋力をつけておくのがいいですね、

ギックリ腰は、辛いので、普段からのセルフケアが重要になります。

腰痛改善レシピを掲載いただいています↓

腰痛改善のためのストレッチ↓

腰痛改善ストレッチ

坐骨神経痛改善

坐骨神経痛は、お尻のところの梨状筋という筋肉が硬くなって、坐骨神経という太い神経を圧迫することでお尻から足先にかけて痺れや痛みが出るものです。

坐骨神経が原因でなくても痛みや痺れが出ている時に言われている場合も多く見受けられます。

腰〜お尻〜脚にかけての筋力低下と硬さにより血流が悪くなっていますのでマッサージやストレッチなどで改善されていきます。

お尻や骨盤周りの筋肉を緩め、股関節を柔軟にしておくことが重要です。

<質問>

足の痙攣がひどく、上半身にまでくるときがあります。

力をいれると他のところが攣ってくるのでとても辛いです。

何かいい方法はないでしょうか。

<回答>

テニスボールを使って、股関節周りの筋肉をほぐしましょう

また、ストレッチで硬くなった筋肉を少しずつほぐしていきましょう。

無理せず痛気持ちいいくらいでゆっくり行っていくことが大事です。

良くなって来たら少しずつスクワットで筋力をつけていくと良いかと思います。

O脚改善・坐骨神経痛改善

足の痺れや痛みは、下半身だけの問題ではなく、背中から腰にかけての筋肉が硬くなっていることも要因の一つです。

しっかりと背中もほぐしましょう。

背中ほぐし

背中から骨盤にかけての筋肉をほぐしましょう

腰痛改善・予防につながります。

また、股関節周りの筋肉をほぐしておくことも重要です。

ストレッチ↓

骨盤矯正ストレッチ

膝裏ストレッチがいい

毎月、長年、お世話になっている主婦の友社さんから雑誌が届くのですが

その中に84歳の女性の方がブリッジしている姿を見つけて

おお〜!と、感動しました。

私もブリッジは好きでよく行うのですが、

80歳過ぎてもできるかしら〜と、思っていた矢先にその写真!

感動しましたね〜

しかも84歳の女性の方は、股関節が悪く正座も出来ない状態で背中も曲がっていたのですよね。

そこからブリッジできるようになるとは!

人間はすごいです。

その方に指導しているクリニックの先生が、椎間板ヘルニア、アレルギーなどさまざまな病気を経験しヨガをはじめたところすっかり治ってしまい、

不調の原因は歪みにあるという信念から

ご自身のクリニックでヨガを教えるようになったのだそうです、

そのクリニックは、高齢者の方が多く、

70歳、80歳の方がクリニックの先生のヨガに通われて

どんどん、体が柔軟になりさまざまな不調がすっかり治ってしまった。

ということなんです。

膝裏を伸ばすストレッチをみなさん、行っています。

膝裏は、リンパ節があり、腰痛の人は、ここが硬く滞っています。

膝裏をしっかりとストレッチして巡りを良くすることで腰痛が改善されることもあります。

腰痛予防のためにもしっかりと膝裏を伸ばしていきましょう。

腰痛改善のためにオススメのチベット体操

腰痛予防は、腹筋、背筋を鍛えておくことが重要ですが、

チベット体操は、誰にでも出来る簡単な動きで

無理なく腹筋、背筋を鍛えストレッチが出来ます。

年齢関係なく出来ますので、オススメです。

チベット体操のやり方

チベット体操体験談:ぎっくり腰が治りました

<体験談>

仕事で障害のあるかたを介助したさいにギックリ腰をやってしまいました。

以前、旅先で知り合った方から『チベット体操』っていいよ~と教えてもらったことを思いだして先生の本を購入。

自己流ではありますが、ボチボチと続けています。

今はギックリ腰をやったことを忘れるくらい改善しました。

40代女性

チベット体操の指導を受ける

腰痛を改善するため、坐骨神経痛を改善するためにチベット体操を行ってみたいけれど一人では心配

という方には、お近くのチベット体操インストラクターから指導を受けることが出来ます。

お近くにいない場合は、オンラインでも指導を受けることが出来ます。

安全に正しく身体を動かしていきましょう。

全国のチベット体操インストラクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする