チベット体操の回数

チベット体操の回数についてまとめました。

チベット体操は、3回くらいから始めて21回を目指していく体操です。

チベット体操の回数についてご質問を頂いてきましたので

詳しくみていきたいと思います。

チベット体操21回は、朝・夕と分けて行なってもいいの?

チベット体操は、朝と夕に行ってもいいですかとご質問です。

<質問>

チベット体操の回数ですが21回を朝10回夜21回などに

分けてもよいのですか?

<回答>

チベット体操は、21回を目指していく体操ですが、

この21回を朝と夕に分けてやってもいいですか?

というご質問もたくさん頂いてきました。

この21回を目指すということなのですが、

当然ながら連続で21回行なった方が負荷がかかるので、

筋力や体力はつくということになります。

例えば腕立て伏せを連続で21回行うのと、

10回と11回に分けて、朝、夕行うのとでは、筋力への負荷が違いますよね、

でも、やらないよりは、やった方が筋力も体力もつきます。

考え方は、それと同じになります。

筋力・体力という観点からは、以上のようなことになりますが、

チベット体操21回目指す意味合いというのは、

チャクラとの関係であったり、チベット哲学との関係であったりするので

出来るのであれば、21回連続で目指すのが良いかと思います。

筋力・体力をつけることを目的なら朝・夕分けて行う、

チャクラを開くことが目的なら21回を目指す

というのが良いかと思います。

21回の意味合いやチャクラとチベット体操については、

詳しくは、チベット体操2級講座で行なっています。

また、こちらも合わせてお読み頂けたらと思います↓

チベット体操21回の意味

何回から始めるのがいいの?

チベット体操は何回から始めるのがいいのですか?というご質問についてです。

<質問>

何回から始めればいいですか?

<回答>

チベット体操の基本は、1日3回から始めて、

一週間ごとに2回づつ増やして、最終的には21回出来ることを目指す体操です。

身体を動かすことが好きでヨガや運動をたくさんやってきた方には、

3回ずつというのは、物足りない感じかと思います。

そのような場合は、15回からスタートしても良いですし、

お好きな回数からスタートして頂いて構いません。

逆にあまり運動をして来なかった方にとっては、

一週間に2回ずつ増やしていくというペースが辛く感じるかもしれません。

そういう場合は、3回ずつをお続け頂いて、

もう少し出来そうと感じたなら回数を増やしてみる

というのが良いかと思います。

無理なく、心地良いペースで進めていくことが望ましいです。

無理をして、辛いと感じてしまうと、

次からやること自体が億劫になってしまい、いつの間にかやめてしまった、

ということに繋がります。

心と身体は、一体なので、ご自身の感覚を大切になさってくださいね。

チベットのヨガというのは、瞑想の要素を含んでいますので、

心と身体の声を聞くことが大事です。

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操のやり方

チベット体操の回数の増やし方

チベット体操の回数の増やし方についてです。

奇数で増やしていかないとダメですか?というご質問です。

<質問>

チベット体操を増やす回数は、

奇数を増やしていかないといけないのでしょうか?

偶数ではいけないのでしょうか?

<回答>

増やす回数についてのご質問もたくさん頂いてきました。

増やす回数は、奇数でも偶数でもどちらでもお好きな方で大丈夫です。

例えば

3回からスタートし、6回、次は、8回、9回、11回

とバラバラの回数を増やして進んでもいいです。

奇数ずつ進むのが好き、偶数ずつ進むのが好き、など、

お好みがある人は、ご自身のルールで回数を増やして頂いて構いません。

大事なことは、自分の心と身体の声を聞く

ということです。

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操のやり方

チベット体操の回数を減らすとどうなる?

チベット体操の回数を減らすとどうなるのかについてです。

<質問>

せっかく15回まで行ったのに風邪をひいてしまって、

そんなにたくさん回数を出来なくなってしまいました。いいのでしょうか?

<回答>

こちらもよく頂くご質問です。

目標を目指して頑張っていたのに、

途中で山をおりなければならなくなるというのは、

なかなか気分は、よろしくないものですよね。

しばらく休んで体調が戻ったなら、

出来る回数からスタートするのが良いと思います。

5回から始められそうなら5回からスタートする。

でも15回できていたわけなので、全く最初と同じではなく、

進むペースは早いと思いますよ、

5回、9回、15回と進むかもしれません。

年齢を重ねていく中で、体調が良い時ばかりではないと思いますので

心と身体の声を聞いて、回数を決めてやっていくのがいいかと思います。

心も身体も喜ぶ状態になると

チベット体操をやらないと気持ち悪い、という状態になります。

長年、習慣化されている方々は、皆様よく仰っています。

朝・昼・夕21回ずつはどうですか?

チベット体操を朝・昼・夕とやるのはどうですか?

というご質問です。

<質問>

朝・昼・夜21回ずつ行うのはどうでしょうか?

<回答>

こちらのご質問も時々頂きます。

21回でなくても朝・昼・夜3回ずつはどうでしょうか?

など、回数は、お一人お一人違うのですが、朝・昼・夕というのが同じです。

例えば、その方がすっきりする、、とか、やる気が出る

とか、人それぞれだとは思いますので、

心地良い状態ならやってみてはいかがでしょうか。

心と身体の声を聞くのが一番大事なことだと思います。

チベット体操の効果を実感できる回数は?

チベット体操の効果を実感出来る回数は何回かについてです。

<質問>

チベット体操の効果はどのくらいで出てきますか?

<回答>

効果には個人差がありますが、1週間もすればウエストが細くなった感じがする

肩こりが楽になった、腰の痛みがなくなった

など効果をお感じいただけるかと思います。

何回ずつから効果を感じることが出来るということもなく、

3回ずつでも十分に効果をお感じ頂けることと思います。

21回を目指すことは一つの目標として大切ですが、

それよりも習慣化となることの方が大切かと思います。

ご自身の健康管理のためにお使いいただけたらと思います。

また、若い方よりも40代以降の方の方が

早く効果をお感じいただけることと思います。

チベット体操の回数まとめ

チベット体操の回数まとめです。

チベット体操は、3回から始めて21回を目指していく体操ですが

ご自身の心と身体の声を聞きながら行うことが大切です。

簡単な体操ですので、心地良いペースで是非、お続けくださいね。

もっとチベット体操の事を詳しく知りたいという方には、

チベット体操2級講座もオススメです。

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする