チベット体操の好転反応

チベット体操で好転反応についてのご質問を良く頂きます。

東洋医学で言われる好転反応なのですが、、

というような言葉を聞くことも多く、ネットにも東洋医学で言われるとか出ていますが

実際、東洋医学では、好転反応なんて出てこないし、学校では習いません。

私自身も好転反応という言葉を聞いたのは、ヒーリング系のセミナーで初めて出会ったのですよね〜

そこで、好転反応について調べてみました。

好転反応とは、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。

漢方薬の知識体系で瞑眩(めんけん、めんげん)と言い、病状の改善が現れる前の一時的な悪化であり、経験上3-4日まで持続することが多い。

この瞑眩という言葉は18世紀の漢方医である吉益東洞により日本で広く知られるようになった。

省略

中国の古典の『尚書』(『書経』とも、『四書五経』に含まれる)に記載があり、日本の漢方医の吉益東洞(18世紀)により日本で広く認知されるようになった。

薬によって瞑眩が起きなかったら、その病は治らないという意味である

引用元:Wikipedias好転反応

古典に出ているんですね〜

現代では、ちょっと当てはまらないかもですね。。

治療過程において頻繁に起きることなので、事前に説明がされることが多い。

漢方薬の厳密な定義に従うと、瞑眩が発生するのは多くある。漢方では患者の体質を判断してから調剤を行う。

慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れることなどが要因として考えられる。

だるさや眠気、ほてりなどを感じるケースが多い。

眠気が生じると不眠症が治ったと勘違いしてしまうことがある。他、発熱、下痢、発疹、咳などに現れることもある。

また、老廃物が尿として排出されるため、その色が濃くなったりする。

その他にも、主訴となる症状が一過的にぶり返したかのように見える場合もある。

引用元:Wikipedias好転反応

なるほど〜

こういう記載があるから、

チベット体操を行ったら発疹が出たのですが好転反応ですか?

チベット体操の後、下痢が続いたのですが好転反応ですよね?

と言う質問が多かったのですね

今更ながらに納得しました。

確かに、人間の心身は、不思議で、昔、大阪市の森小路でサロンをやっていた時には、毎日のように不思議な体験をたくさんしました。

人間の生命力というのは、人知では計り知れない力があるという畏敬の念は

あります。

ただ、全てを好転反応でまとめてしまうのは、ちょっと違う気がします。

チベット体操について言うならば、発疹や下痢などは、好転反応ではありません。

様子を見て、続くようなら病院で診てもらいましょう。

では、チベット体操の好転反応とはどのようなものなのでしょうか。

動画で見る↓

チベット体操の好転反応

チベット体操の好転反応

チベット体操は、チャクラのお掃除をする体操でもあります。

チャクラ

チャクラは、心や潜在意識と繋がっているので、チャクラが浄化されていく時にいろいろな体験をすることと思います。

例えば、忘れていたような過去の辛い出来事などが出てきたり、

イメージで嫌な感覚が出てきたりなどでしょうか、

ネガティブなこと、ポジティブなこと、さまざまにあるかと思います。

そんな時には、チャクラが浄化されている状態なので、手放していきます。

放っておいたら、やがて浮かんでこなくなります。

チベット体操は、チャクラをお掃除してくれる体操なので

そのようなチャクラの浄化の体験をなさるかもしれませんね。

チャクラの浄化が、チベット体操の好転反応であると言えます。

こちらも合わせてどうぞ↓

チャクラとは?

チベット体操理論〜実践まで学ぶ

チベット体操の好転反応について知識を深めるためには

チベット体操2級講座がオススメです。

チベット体操2級講座は、お近くのチベット体操インストラクターからご受講いただけます。

お近くにいない場合は、オンラインで受講することも出来ます。

全国のチベット体操インストラクター

オンラインで受講できるチベット体操2級講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする