労宮を開く?スピリチュアルなツボなの?

労宮を開く?スピリチュアルなツボなの?

労宮は、掌にあるツボですが、

スピリチュアルなことと関係があるように言われます。

どのような効果があるツボなのでしょうか?

労宮を開くとどのようになるのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

労宮のツボとは?

労宮のツボについてです。

労宮の労は、働くという意味で宮は、宮殿を表し重要な場所という意味です。

掌の中央にある重要なツボというのが労宮ツボの意味になります。

手を握った時に中指の先が当たところが労宮です。

ツボというのは、基本は経絡上にあります。

労宮は、心包系という経絡のツボです。

心包系というのは、心の臓と密接に関わっていて精神機能を司る経絡です。

頭痛や消化器系の不調、精神的不安定な時などに使うツボです。

実際は、マッサージで心地良く押すことで

リラックス効果として使うことが多いですね。

労宮とスピリチュアル

労宮とスピリチュアルとの関係についてみていきましょう。

スピリチュアルなワークにしばしば労宮は使われます。

エネルギーを送受信するところと言われているようです。

気功では、掌で気のボールを作ったり、気のエネルギーを感じたりします。

そのようなところから労宮のツボが

スピリチュアルなツボだと言われるのかもしれません。

実際、掌では気のエネルギーを感じやすいですよね。

労宮を開くとは?

労宮を開くとはどのようなことでしょうか。

スピリチュアルなセミナーやワークを見てみると

あなたの労宮を開きます。

というような文言を目にします。

あなたのチャクラを開きます。

と同じようなことなのでしょうか。

労宮が詰まっているとエネルギーの流れが悪くなるので

開いて差し上げますよ。

ということでしょうか。

実際のことはわかりませんが

労宮のツボを押すと痛いことがあります。

ツボを押すと痛いということは、ツボに反応が出ているということなので

気は滞っています。

労宮の気の巡りが悪い状態は、イライラしたり疲れていることが多いので

巡りを良くしておいた方が良いと思います。

その際には、痛気持ちいいくらいの強さで

軽く押してあげるのがいいかと思います。

自分自身の心身を整える方法として時々触ってみることもおすすめです。

労宮にお灸

労宮は、イライラしている時、疲れている時には、温めることもおすすめです。

ドラッグストアーで売っているせんねん灸を労宮に使うのもいいですね。

せんねん灸には、ソフトタイプ〜ハードタイプまでいろいろと種類があるので

初めての方は、ソフトタイプを使うことがおすすめです。

労宮は、気の巡りを良くしておいた方がいいツボですので

こまめなケアがおすすめです。

労宮を開く?スピリチュアルなツボなの?まとめ

労宮を開く?スピリチュアルなツボなの?まとめです。

労宮は、イライラや緊張している時などのリラックス効果が

期待できるツボです。

少し押して痛みや硬さがある場合は、軽くほぐしてみるといいですね。

せんねん灸を使うこともおすすめです。

労宮を使ったセルフケアの方法はチャクラヨガアドバイザー養成講座でも

行っています。

セルフケアによって気の巡りを良くしておきましょう。

◆チベット体操や瞑想・チャクラのメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする