瞑想と妄想の違い!何を考える?

瞑想と妄想の違いについてです。

また、瞑想中は、何を考えるのがいいのでしょうか?

瞑想するといろいろな雑念が浮かんだり

妄想に思考が走ってしまうこともありますよね。

イメージを使う瞑想もありますし

瞑想の時に妄想するのはOKなのでしょうか?

瞑想中は何を考えるのがいいのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

瞑想中の妄想はOKか?

瞑想中の妄想はOKなのでしょうか。

yahoo知恵袋に質問があったので引用します↓

瞑想中に妄想するのはOKなんですか?

独学でやってるので瞑想の方法がイマイチわかってないような気がします

引用元:yahoo知恵袋

瞑想は、静かに座っているのでいろいろと妄想も浮かんできたりしますよね。

特に座禅では、心を鎮めてただ座るだけです。

そんな時に何を考えていたらいいのかと疑問に思いますよね。

妄想とは?

妄想というのはどのような状態でしょうか。

デジタル大辞泉から引用してみます↓

 根拠もなくあれこれと想像すること。また、その想像。「妄想にふける」「愛されていないと妄想してひとりで苦しむ」


 仏語。とらわれの心によって、真実でないものを真実であると誤って考えること。また、その誤った考え。妄念。邪念。


 根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実や論理によって訂正することができない主観的な信念。現実検討能力の障害による精神病の症状として生じるが、気分障害や薬物中毒等でもみられる。内容により誇大妄想・被害妄想などがある。

引用元:デジタル大辞泉

妄想は、誰もが行っているかと思います。

こうなったらいいな〜という夢を大きく膨らませて楽しんだり

逆にこうなったらどうしようと不安に駆られたり

というのは、日常生活の中で行われていることと思います。

デジタル大辞泉の2番目ですが仏教用語としての意味合いもあるのですね。

仏教用語の妄想は、「もうぞう」という読み方のようです。

一般的な妄想の意味合い以外に

  • 未来に対する不安や恐怖・苦しみなどのマイナス思考
  • 願望や夢などのプラス思考

どちらもあれこれ考えることを「もうぞう」と呼ぶのだそうです。

願望や夢を膨らませてあれこれ思いを巡らせることは楽しいですし

一見良いことのように思いますが、仏教的な考え方からは良くないんですよね。

では、未来に向かって目標を持たなくて良いのかというとそういうことではなく

今この瞬間を大事に生きなさいということですね。

未来のことは誰にもわからないことですし、

一見マイナスの出来事でも結果的に良い結果を招くこともあるし、

一見良い出来事でも悪い結果を招くこともあるので

一つ一つに心をとらわれる事なく今この瞬間を

大事に生きなさいという事ですね。

マイナス思考とプラス思考の思いですが

人間は、1日6万回思考を繰り返しそのうち75%が

マイナス思考だと言われています。

1日の多くをマイナス思考で心が覆われていたら、マイナス思考が

叶ってしまいそうですね。

そこで大切になってくるのが瞑想だと思うわけです。

瞑想によって妄想が沸き起こらない状態を少しの時間でもいいから作る

今この瞬間に心を置く訓練をしていく事が大切だと思うのです。

瞑想とは?

瞑想についてです。

瞑想は、目を閉じる、または半眼で行い心を鎮めます。

瞑想の目的も種類もいろいろとありますが

何も考えずに心を今の瞬間に置いていく訓練です。

深いリラックス効果とストレス低減効果があることから

マインドフルネス瞑想がブームになりました。

こちらも合わせてどうぞ↓

瞑想のリラックス効果

瞑想と妄想の違い

瞑想と妄想の違いについてです。

  • 瞑想は、何も考えずに心を今の瞬間におきます。
  • 妄想は、あれこれを思考を巡らせます

思考を止める、思考を巡らせる

と大きな違いがありますね。

瞑想中に妄想

瞑想中に妄想に走ってしまうということは良くあります。

瞑想で無になるということは難しいことなので

雑念が湧き起こってきますよね、

雑念が湧き起こってきたなら流していけばいいのですが

湧き起こってきた雑念に対して思考を巡らせ

あれやこれやと楽しんでみたり、不安に駆られてみたり

ということはよくあることです。

気がついてみると随分と時間がたったのだけれど

ほとんどの時間を妄想に費やしてしまった

ということになります。

特に日常生活の中で妄想癖がある人は、

思考が巡ってしまって止まらないという状態になりがちです。

そんな状態の時には、そういう自分自身を受け止め

瞑想によって浮かんできた思考を流していく訓練を続けることで

妄想癖は治っていきます。

特にネガティブな妄想癖のある人は、瞑想によって

日常生活も現実で起きてくる現象も変化していくことに

気がついていくことと思います。

こちらも合わせてどうぞ↓

瞑想で雑念が消えない

瞑想に集中できない

瞑想中何を考える?

瞑想中何を考えたらいいのでしょうか。

瞑想で妄想が沸き起こってこないためには

他のことを考えたら良さそうです。

どんなことを考えるのがいいのでしょうか?

瞑想は、思考を止めることにあります。

思考を止めるために今この瞬間に心を留めて置けるような方法が

瞑想になります。

思考を止める瞑想にもいろいろなやり方がありますが

誰でも簡単にできる方法をご紹介します。

瞑想のやり方

瞑想のやり方についてです。

  • ゆったりとリラックスして座ります
  • 目は、閉じるか半眼にします
  • ゆっくりと鼻から息を吸ってゆっくりと鼻から息を吐いていきます
  • 呼吸に意識を集中していきます
  • 雑念がおきてきたら終わりにしましょう

こちらも合わせてどうぞ↓

マインドフルネスの効果とやり方

瞑想と妄想の違い!何を考える?まとめ

瞑想と妄想の違い!何を考える?まとめです。

妄想は思考を巡らせ瞑想は、思考を止める

という大きな違いがありました。

思考を止めるのが瞑想なので瞑想中は何も考えないことでしたね。

誰でも簡単に瞑想は出来ますので是非試してみてくださいね。

瞑想をマスターし指導が出来る瞑想インストラクター養成講座もおすすめです。

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする