仙骨チャクラを調整?温め効果は?

仙骨チャクラを調整するとはどのようなことでしょうか。

温めると効果はあるのでしょうか?

仙骨チャクラという記述を見かけました。

仙骨チャクラとは第二チャクラのことを指しているようです。

詳しくみていきたいと思います。

仙骨チャクラとは?

仙骨チャクラについてです。

第二チャクラのことを英語では、セイクラルチャクラと言われます。

セイクラルとは、仙骨の意味なので第二チャクラのことが

仙骨チャクラと言われているようです。

仙骨の英語表記は、sacral boneですが、

聖なる骨という意味になります。

古くから生命維持に関わる不思議な力を持つ骨とされてきました。

仙骨の場所は、どちらかというと第一チャクラの場所にあたるのではないかと

思うのですが生命エネルギーとの関わりが深いところなので

第二チャクラのことをセイクラルチャクラ と言うのかもと思いました。

仙骨とは?

仙骨についてです。

仙骨は、背骨の下部にあり、腰椎の下にあります。

成人するまでは、頸椎、胸椎、腰椎と同じように5個の仙椎という形ですが

成人すると1個の仙骨になります。

仙骨調整

仙骨調整についてです。

仙骨調整は、仙腸関節の調整のことを言うようです。

仙腸関節とは、骨盤を形成している仙骨と腸骨の関節のことです。

仙腸関節は、昔から物議を醸し出している関節なんですよね。

仙腸関節は、動く派と動かない派に分かれます。

動く派には、仙腸関節の調整を行い不調を改善するための

施術がいくつかあります。

仙腸関節がずれることによって産後の骨盤痛が起こるとか

不調が起こるので調整をしましょう。

と言うものです。

仙腸関節の動きは、物議を醸し出していることからも分かるように

動いたとしても微妙な動きです。

私自身は、クラニオセイクラルという施術を学んだことがあり、

仙腸関節の調整を一時期施術に取り入れていたことがありますが、

向いていないと実感してすぐに辞めました。

仙骨チャクラの調整

仙骨チャクラの調整についてです。

仙骨チャクラの調整というのは、第二チャクラの調整のことになりますよね。

第二チャクラの調整は、チャクラの詰まりを取り除き開いていくことになるので

チベット体操がオススメです。

また、仙骨にレイキヒーリングしていく方法もあります。

こちらも合わせてどうぞ↓

第二チャクラが開くとモテる

仙骨を温める効果

仙骨を温める効果についてです。

仙骨を温める健康法がたくさん出ています。

自律神経の束は、脳から脊柱管を通って下肢へと繋がっていますが

仙骨は、体表に近いところを通っていることになります。

自律神経の束が体表に近いので仙骨を温めることで不調が

改善されるということです。

特に40歳を過ぎてくると少しづつ不定愁訴が増えますが

自律神経のバランスが乱れることで起きていることが多いので

仙骨を温めることで不調が改善されるというのは、よくある事です。

30代の頃勤務していた鍼灸治療院で

ホットパックをいうものを使っていたのですが、

必ず仙骨に置いていたんですよね。

仙骨を温めると効果的というのは、体験としても大きいです。

冷えや頭痛、腰痛、不眠など病気ではないけれど不調という方には

仙骨を温めることは、とてもオススメです。

お手軽なのは、仙骨辺りにホッカイロを貼ることです。

仙骨チャクラを調整?温め効果は?まとめ

仙骨チャクラを調整?温め効果は?まとめです。

仙骨チャクラは、第二チャクラのことでした。

セルフケアとして仙骨チャクラの調整には、

温めることも取り入れると良いかもしれませんね。

仙骨チャクラの調整を詳しく学びたい方には

チベット体操講座チャクラヨガアドバイザー養成講座もオススメです。

◆チベット体操やチャクラのメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする