自分軸で生きると心がこんなに軽くなる

自分軸という言葉

いつの頃からか良く聞くようになってきました。

人生は、選択の連続ですがその判断が

  • 自分の好きなこと
  • 自分が心地良いと感じること

が軸となっているのかということですよね。

逆に他人軸とは、他人に対して

  • 自分がどんな風に見えるのか
  • どう思われるのか

が判断基準となっていることですよね。

自分軸で生きた方が心地良く納得のいく人生を送れそうです。

自分軸で生きるために重要なこと

自分軸で生きるためにまず大事なことは

何が好きなのか

何を大事にしたいのか

ということではないでしょうか。

それがわかっていないと簡単に周囲に流される結果となってしまいそうです。

お釈迦様も「自己を拠り所としなさい」と言っておられるように

自分軸というのは、人生で最も重要なことです。

しかし、自分軸で生きるということは、責任を伴うことでもありますよね。

とかく、強い人に身を委ねたり、頼ったりしたいのが人というものでもありますね。

自分軸で生きるとこんなに良い

心と身体は、繋がっているので、もしも自分自身が望んでいないこと

不快なことが続くと身体に変調をきたします。

自分自身がどう思っているのか、身体に緊張を感じているところはないのか

ということを感じる日々を続けていると

徐々に、自分が好きなこと、大事にしていることが見えてくるようになります。

しかし、それは、決して自分のわがままを優先するということとは違います。

自分自身が心地良いと感じることは、他者にとっても幸福であることが伴うからですね。

他者に不快な思いをさせて自分だけ心地良いという感覚の中には、ネガティブなエネルギーが潜んでいるので

良い結果には繋がりませんね。

自分軸で生きるというのは、心と身体が心地良いと感じていることを続ける毎日だとも言えそうです。

自分軸の見つけ方

心と身体が心地良いと感じることを続ける

自分の内側を感じていくには、どのようにしたら良いのでしょうか。

まずは、グラウンディングが大事だと思うのです。

自分軸というのは、言い換えるとグラウンディングできていることにもつながると思います。

地球の中心と繋がって心身ともに心地良い日々を送る

ということが重要です。

こちらも合わせてどうぞ↓

グラウンディングとは?

地球の中心と繋がりエネルギー循環を良く瞑想して内側を感じる

これを繰り返していくと

自分軸で生きることが出来るようになります。

その方法としてチベット体操と瞑想がとてもお勧めです。

チベット体操は、グラウンディングを強くし、また瞑想の前の準備体操でもあります。

チベット体操と瞑想を合わせて行うことで自分軸が見つかります。

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操とは

瞑想の効果

チベット体操と瞑想をマスターする

チベット体操と瞑想の指導をして欲しい方は

お近くのチベット体操インストラクターから指導を受けることが出来ます。

お近くにいない場合は、オンラインで受ける事もできます。

全国のチベット体操インストラクター

チベット体操の魅力を知るには無料メルマガがオススメ↓

チベット体操がすごい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする