朝のストレッチ効果とやり方!デメリットは?

朝のストレッチ効果とやり方!デメリットは?

朝起きた時は、筋肉も硬く気血の巡りも悪いので

ストレッチで巡りを良くしたいものです。

効果はとても大きいのですが、間違ったやり方はかえって

痛めることに繋がりますね。

朝のストレッチで代謝もアップし、

爽やかに一日のスタートを切りたいものです。

朝のストレッチのやり方やデメリットについても

詳しく見ていきたいと思います。

朝のストレッチ4つの効果

朝のストレッチ4つの効果についてです。

  1. 代謝アップ
  2. 体の凝りをほぐします
  3. 気力が充実
  4. デトックス効果

詳しく見ていきましょう。

1.代謝アップ

特に気温が低い朝は、体温も上がらず気分も上がらない状態になりがち

朝ストレッチで代謝アップして朝からご機嫌にスタートを切ることが出来ます。

2.体の凝りをほぐします

特にアラフィフ世代からは、朝起きると体が硬くなっていることは

多いものです。

朝ストレッチで体の凝りをほぐし、爽やかにスタートしましょう

3.気力が充実

朝ボーッとするのは、自律神経の交感神経がまだあまり働いていない状態です。

朝のストレッチで交感神経のスイッチを入れましょう。

朝からやる気もアップします。

4.デトックス効果

古来からのヨガは、朝行いますね。

朝は、デトックスの時間帯、排泄の時間帯です。

朝のストレッチでデトックス効果もバッチリです。

朝のストレッチのやり方

朝のストレッチのやり方についてです。

  1. 朝起きて30分後から始めましょう
  2. 朝、カップ1杯の温かい飲み物を摂りましょう

詳しく見ていきたいと思います。

1.朝起きて30分後から始めましょう

特に40歳以降の人は、起床後すぐに前屈などを行うのは

腰痛などの原因になるので注意しましょう。

朝起きて、歩いたり、顔を洗ったり、歯磨きしている間に

体が目覚めていきます。

だいたい30分くらいを目安にしてからストレッチを行うようにしましょう。

2.朝カップ1杯の温かい飲み物を摂りましょう

朝は、体が水分不足の状態です。

温かい飲み物を飲んでからストレッチを行うようにしましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

朝一白湯の効果!

朝のストレッチにオススメ!

朝のストレッチにオススメなのがチベット体操です。

朝は、忙しい時間帯なので、時間をかけずに最大限の効果を得たいもの。

そこでオススメなのは、誰でも簡単に出来るチベット体操です。

チベット体操は、たった6つのポーズから成る体操

たった5分でそれぞれのポーズを3回ずつ行うことが出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操のやり方

チベット体操とは?

朝ストレッチにチベット体操がオススメな理由

チベット体操がオススメな4つの理由についてです。

  1. チベット体操は、たった6つのやり方を覚えればいいので手軽です。
  2. 体の硬い人でも年齢も関係なく誰にでも始めることが出来ます。
  3. 心と身体を整える働きがあるので元気な1日のスタートを切ることが出来ます。
  4. チベット体操は、簡単なので朝のキレイ習慣として生活の一部に出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操の効果

朝のストレッチデメリット

朝のストレッチのデメリットについてです。

朝は、筋肉が硬く血の巡りも悪いので

無理なストレッチは、逆効果です。

朝のストレッチのデメリットは

  1. 柔軟性が必要なストレッチ
  2. 痛みを感じるまでストレッチを行う
  3. 筋肉痛があってもストレッチを行う

詳しく見ていきましょう。

1.柔軟性が必要なストレッチ

朝は、筋肉が硬くなっているので柔軟性が必要なストレッチは向きません。

朝起きた直後の前屈や無理な開脚は、腰痛などの痛みに

つながる危険性があります。

2.痛みを感じるまでストレッチを行う

筋肉は、適度に引っ張られている感覚がないと

柔軟性が増していくことがないのですが、

痛みを伴うまでやりすぎると筋断裂を起こしてしまいます。

筋断裂とは、肉離れのことですね。

特に朝は、筋肉が硬くなっているので、無理に伸ばすことは危険です。

3.筋肉痛があってもストレッチを行う

筋肉は、刺激を受けると組織が破壊され、

それを補強することで筋力がつきます。

これが筋肉痛を感じている時の状態です。

ですので、筋肉痛を好む人も多いですが、

ひどく痛む筋肉痛の時には、逆に筋肉の回復を妨げてしまうことになるので

休息させて上げることが必要です。

特に40代以降の人は、気をつけましょう。

朝のストレッチ効果とやり方!デメリットは?まとめ

朝のストレッチ効果とやり方!デメリットは?まとめです。

朝は、筋肉も硬い状態です。

間違ったやり方で行うと逆に痛めるというデメリットがあります。

正しいストレッチのやり方は、素晴らしい効果をもたらしますので

朝のストレッチは、正しく行いましょう。

朝のストレッチでオススメなのがチベット体操です。

わずか5分から始めることが出来ますので

朝の習慣として試してみてくださいね。

チベット体操の指導を受けたい人は

全国にチベット体操指導が出来るインストラクターがいます。

お近くにいない場合は、オンラインでも受けることが出来ます。

チベット体操教室

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする