プラーナとは?呼吸で内側から輝く方法

ヨガ教室がたくさん増え、プラーナという言葉も日常的に

聞くようになりました。

プラーナとは、サンスクリット語で生命エネルギーのことです。

気の考え方と似ています。

チベット語では、ルンと呼ばれています。

ヨガにおいては、とても重要な位置付けなので、

詳しく見ていきたいと思います。

こちらも合わせてどうぞ↓

基礎チベット医学

プラーナの5つの性質

身体の部位により性質の異なったプラーナが巡っています。

プラーナの巡りが良いと心身共に健康な状態となります。

プラーナ気

心臓、胸の辺り

主に呼吸のコントロールを司っています。

ウダーナ気

首の辺り

吐く力を司っています。

サマーナ気

お腹の辺りを司るプラーナ

消化を司るプラーナです。

アパーナ気

生殖器・排泄器官を司るプラーナ

ヴィヤーナ気

全身を巡っている気です。

3つの心の性質

アーユルヴェーダにおいては、サットヴァ・ラジャス・タマスといった

3つの心の性質があります。

  • サットヴァは、純粋な調和が取れた状態
  • ラジャスは、動的な状態
  • タマスは、愚鈍な状態

この3つの状態のうち、サットヴァな状態が理想とされます。

サットヴァな心の状態を維持するためには、

プラーナの巡りを良くしておくことが重要となります。

呼吸法で内側から輝く!

プラーナが強くしなやかで巡りが良いと

心身共に健康で、輝きのあるオーラを纏った人になることが出来ます。

また、引き寄せる力も強くなりますので、思い通りに物事が実現していきます。

こちらも合わせてどうぞ↓

プラーナを強め巡りを良くする方法が呼吸法になります。

そのため、たくさんの呼吸法が存在します。

しかし、単に強めればいいのかというとそういうわけでもありません。

プラーナを浄化しながら強め巡らせていくことが重要になります。

きちんとした指導を受けた上で実践していくことがお勧めです。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法の効果

プラーナが多く含まれる食べ物を摂る!

プラーナは、宇宙のエネルギーという考え方もあります。

遍く全てにプラーナは、存在します。

ですので、プラーナが多く含まれる食べ物を摂ることがオススメです。

プラーナが多く含まれる食べ物とは、新鮮な野菜、果物などになります。

プラーナを強化するためには?

内側からの輝くオーラを纏うためには、

呼吸法を日々のケアとして取り入れることがオススメです。

詳しくは↓

呼吸ヨガアドバイザー養成講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする