深い呼吸へ導くためのセルフマッサージ

深い呼吸をしましょう。

現代では、深い呼吸がいいに決まっているというのは、

多くの人が知っています。

では、浅い呼吸が良くないのはなぜなのでしょうか。

浅い呼吸3つの原因

1.ストレス

ストレスにより交感神経緊張の状態が続くことで呼吸が浅くなります。

2.姿勢の悪さ

スマホやPCに向かうことが多い現代では、前屈みの姿勢になりがち

前屈みの姿勢は、肺を圧迫し深く息を吸ったり吐いたりできなくなります。

3.口呼吸になっている

口呼吸になっていると浅い呼吸となります。

身体にも悪いので、鼻呼吸を行いましょう

浅い呼吸が引き起こす不調

疲れやすい、頭痛、肩こり、不眠など自律神経のバランスを崩すことで起こる

さまざまな症状が出てきます。

また、自律神経のバランスが崩れることで血流も悪くなるために

免疫力も下がり病気にかかりやすくなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法でリラックス

呼吸法の効果

呼吸を深めるための3つのセルフマッサージ

浅い呼吸に気がついたなら、深い呼吸へと変えていくことが大事です。

深い呼吸へ変えるためには、まず、体の緊張をほぐしていきましょう。

呼吸に関係する筋肉をほぐすことがオススメです。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸力を鍛えて望み通りの人生に

1.鎖骨上部斜角筋のマッサージ

鎖骨上部の窪みは、硬くなっている人が多く、肩こりの原因にもなっています。

上から軽くマッサージを行います。

リンパの流れや血流も良くなり緊張がほぐれてきます。

2.鎖骨と第一肋骨との間のマッサージ

鎖骨と第一肋骨の間を中央から外側に向かって軽くマッサージを行います。

鎖骨外側の窪みには、深い呼吸が出来るツボもありますので、

軽く押してあげます。

3.胸鎖乳突筋のマッサージ

首を横に向けるとつまめる筋肉を上から軽く押してあげます。

深い呼吸へ導くためのセルフマッサージ

呼吸法をマスターするには?

深い呼吸法を身につけるためには、呼吸法がオススメです。

基本の呼吸法をマスターするためには、

お近くのチベット体操インストラクターから指導を受けることが出来ます。

お近くにいない場合は、オンラインでも指導を受けることが出来ます。

全国のチベット体操インストラクター

呼吸法のスペシャリストになるためには?

数十種類の呼吸法があり、目的に応じて使い分けることが

出来るようになります。

呼吸法のスペシャリストになるためには、呼吸ヨガアドバイザー養成講座

オススメです。

オンラインでもご受講できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする