深い呼吸ができない?やり方とコツは?

深い呼吸ができない?やり方とコツについてです。

深い呼吸ができないとお悩みの方は少なくないようです。

呼吸は重要なので気になりますよね。

深い呼吸ができない原因とやり方やコツについて

詳しくみていきましょう。

深い呼吸ができない

深い呼吸ができないというお悩みの方は少なくないようです。

yahoo知恵袋さんから引用してみます↓

呼吸筋ストレッチや姿勢改善をして深い呼吸ができる状態にしたのですが、

いざ深い呼吸をしていると大変でかえってエネルギーを消費してる感じや

苦しい感じがあるのですが、

やはり体型や体質的に深い呼吸は無理ということでしょうか?

それとも何かやり方を間違えているのでしょうか?

引用元:yahoo知恵袋

呼吸が浅いです。

深い呼吸をする方法を教えてください。

引用元:yahoo知恵袋

朝に深い呼吸がしにくくなることってありますか。

それと原因はなんですか。

引用元:yahoo知恵袋

ご自身の呼吸が浅いか深いか気になりますよね。

深い呼吸のために何が必要かみていきましょう。

深い呼吸が出来ない3つの原因

深い呼吸が出来ない3つの原因についてです。

現代では、深い呼吸がいいに決まっているというのは、

多くの人が知っています。

深い呼吸に小と思っても出来ない原因は何でしょうか?

  1. ストレス
  2. 姿勢の悪さ
  3. 口呼吸になっている

この3つが考えられます。

詳しく見ていきましょう。

1.ストレス

ストレスにより交感神経緊張の状態が続くことで呼吸が浅くなります。

2.姿勢の悪さ

スマホやPCに向かうことが多い現代では、前屈みの姿勢になりがち

前屈みの姿勢は、肺を圧迫し深く息を吸ったり吐いたりできなくなります。

3.口呼吸になっている

口呼吸になっていると深い呼吸が出来ません。

身体にも悪いので、鼻呼吸を行いましょう

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法で不安解消

深い呼吸が出来ないとどうなる?

深い呼吸が出来ないとどのようなことが起きるでしょうか?

疲れやすい、頭痛、肩こり、不眠など自律神経のバランスを崩すことで起こる

さまざまな症状が出てきます。

また、自律神経のバランスが崩れることで血流も悪くなるために

免疫力も下がり病気にかかりやすくなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法でリラックス

呼吸法の効果

深い呼吸のやり方

深い呼吸のやり方についてです。

呼吸は肺が自立して行なっているわけではなく

呼吸筋が動くことで行われています。

深い呼吸を行うためには、横隔膜がしっかりと動くことが重要です。

横隔膜とは、胸腔と腹腔との境にある膜状の筋肉です。

息を吐くときは横隔膜が上がって肺が収縮し、

吸うときは横隔膜が下がって肺が膨らみます。

ストレスを感じていたり姿勢が悪い状態の人は、

横隔膜の動きが悪く呼吸が浅くなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

横隔膜を鍛える効果

横隔膜を鍛えるためには、腹式呼吸を練習することです。

腹式呼吸のやり方は

  1. 仰向けになります。
  2. お腹に手を置くと息を吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹が凹みます。
  3. しばらく続けて起き上がっても同じように呼吸が出来るように練習します。

深い呼吸のコツ

深い呼吸のコツについてです。

深い呼吸のコツは、呼吸法トレーニングを行うことです。

腹式呼吸から練習して吐き切る呼吸法などの

トレーニングを取り入れることもオススメです↓

呼吸ヨガアドバイザー養成講座

また、呼吸は、呼吸筋を動かして行っていますので

横隔膜と同時に呼吸筋をトレーニングすることもオススメです↓

チベット体操

深い呼吸ができない?やり方とコツは?まとめ

深い呼吸ができない?やり方とコツは?まとめです。

深い呼吸が出来ないと感じたら、心身が疲れて緊張が

抜けない状態かもしれません。

横隔膜を鍛えて深い呼吸ができるように呼吸法のトレーニングを行いましょう。

深い呼吸法を学びたい方は、呼吸ヨガアドバイザー養成講座がオススメです。

数十種類の呼吸法があり、目的に応じて使い分けることが

出来るようになります。

オンラインでもご受講できます。

◆チベット体操や呼吸法のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする