呼吸法で不安解消!ぐっすり眠れる!

呼吸法で不安解消!ぐっすり眠れる!

呼吸法には、不安な気持ちが減り、リラックス出来る効果があります。

また、緊張が取り除かれるのでぐっすりと眠れるようになります。

詳しく見ていきましょう。

不安な時の呼吸

不安な時の呼吸とは、どのような呼吸でしょうか。

不安や緊張を抱えている時は、呼吸が浅くなります。

浅い呼吸

浅い呼吸とは、どんな呼吸なのでしょうか?

ストレスを感じている時、いつのまにか呼吸は浅くなっているものです。

浅い呼吸とは、肩や胸だけで行っている呼吸で、

肺の一部にしか酸素を届けることができず、

血液中の酸素が不足してきます。

最もそのダメージが大きいのが脳です。

普通の筋肉細胞を1とすると、

脳の神経細胞はその20倍の酸素を摂取しなければならないからです。

引用元:日本成人病予防協会

また、常に浅い呼吸を続けていると、

副交感神経の代わりに交感神経ばかりが働くようになり、

体のあちこちに支障があらわれます。

このように、浅い呼吸は脳や自律神経に影響を及ぼし、

ストレスをますます増幅させてしまいます。

引用元:日本成人病予防協会

また、浅い呼吸の時は、口呼吸である時が多いようです。

普段の呼吸を口で行っていると細菌やウイルスが直接入り込むので

さまざまな弊害を生みますね。

浅い呼吸は、心身にダージを与えるので、

気がついた時に治しておいた方が良さそうです。

浅い呼吸が気になる?

2002年大阪市で鍼灸院を開いてからたくさんの方々に

呼吸の指導をさせて頂いてきました。

そのきっかけというのは

鍼を指すときに呼吸と合わせて刺鍼する方法があるのですが

一人一人の呼吸の深さがまちまちで

浅い人が多いことに気が付いたんですよね。

また、自律神経のバランスが崩れることで起こるさまざまな不調も

呼吸を整えることで改善していきました。

呼吸を変えるだけで不調が改善されていくという体験を

たくさんさせて頂いたので、呼吸法の重要性を実感しています。

呼吸が浅いかチェックしてみよう!

  • 眠りが浅い、夜中に目が覚める
  • 疲れやすい
  • 肩こり、腰痛がある
  • イライラしやすい
  • 手足が冷えている
  • 便秘
  • 肌荒れ、シミが多い
  • 生理痛、生理不順

一つでも当てはまるものがあれば浅い呼吸を疑った方がいいかもしれません。

呼吸が浅くなるとどうなるのか?

呼吸が浅いと酸素を十分に体内に取り入れることが出来ないために

心身にさまざまなダメージを与えます。

  • イライラしやすい
  • 肌荒れやシミができやすい
  • 代謝が悪くなるので太りやすくなる
  • 肩こり・便秘・生理痛
  • 疲れやすい
  • 姿勢が悪く老けて見える

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法でリラックス

呼吸法の効果

呼吸法で不安解消

呼吸法で不安解消出来ます。

不安を抱えている時には、浅い呼吸になっているので、

逆に深い呼吸に変えることで不安が解消されていきます。

深い呼吸法は、腹式呼吸を練習することで

普段の呼吸が深い呼吸へと変わります。

腹式呼吸のやり方についてです。

  1. 仰向けになります。
  2. お腹に手を置くと息を吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹が凹みます。

これが腹式呼吸です。

しばらく続けて起き上がっても同じように呼吸が出来るように練習します。

引用元:https://kailash68.com/tibet68/fukusiki/

こちらも合わせてどうぞ↓

腹式呼吸のメリット

また、現代は、スマホやPCに向かう時間が長く姿勢が悪くなりがちです。

姿勢の悪さは、呼吸を浅くします。

正しい姿勢を保つようにすることも重要です。

こちらも合わせてどうぞ↓

50代からの疲れやすい原因は抗重力筋にあった

呼吸法でぐっすり眠れる

呼吸法でぐっすり眠れるようになります。

不安や緊張を抱えている時には、

夜もなかなかぐっすりと眠ることが出来ないものですよね。

呼吸法を繰り返すことでリラックス出来るので夜もぐっすりと

眠れるようになります。

こちらも合わせてどうぞ↓

夜中に何度も目が覚めるのはなぜ?

呼吸法で不安解消!ぐっすり眠れる!まとめ

呼吸法で不安解消!ぐっすり眠れる!まとめです。

不安な時は、呼吸が浅くなっています。

腹式呼吸を練習して日頃から深い呼吸になるようにしましょう。

腹式呼吸を練習するだけで不安が解消されます。

呼吸法について詳しくは、呼吸ヨガアドバイザー養成講座で行っています。

オンラインでもご受講できます。

◆チベット体操や呼吸法のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする