腹式呼吸のメリットデメリット・やり方とコツは?

腹式呼吸のメリットデメリット・やり方とコツは?

腹式呼吸には、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか?

腹式呼吸の大切さを良く聞くので、きちんとやろうとするあまりに

うっかりと間違ったやり方をしてしまうことも

少なくないかもしれません。

ヨガやチベット体操では、腹式呼吸を行いましょう。

と言われますが、どうして腹式呼吸がいいのでしょうか?

正しいやり方とコツについても見ていきたいと思います。

腹式呼吸4つのメリット

腹式呼吸4つのメリットについてです。

腹式呼吸は、誰もが毎日行っている呼吸のやり方です。

夜、眠る時には、腹式呼吸へと切り替わっています。

腹式呼吸とは、胸腔と腹腔の間の横隔膜を使って行う呼吸です。

メリットは、

  1. 胃腸機能の活発化
  2. ダイエット効果
  3. 自律神経のバランスを整える
  4. ストレス低減

詳しくみていきましょう。

1.胃腸機能の活発化

お腹を膨らませて行う呼吸なので胃腸の働きを活発にします。

胃腸の働きが活発になることで胃の働きの改善、

便秘改善の効果も期待できます。

2.ダイエット効果

腹筋を使う呼吸なのでダイエット効果も期待出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

ダイエットは呼吸を意識するだけで痩せる!

3.自律神経のバランスを整える

副交感神経の働きを優位にすることで自律神経のバランスを整えます。

自律神経のバランスが整うことにより

リラクゼーション効果と免疫力を高める効果が期待出来ます。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法のリラックス効果

4.ストレス低減

幸せホルモンの一つセロトニンの分泌を促すことで

ストレス低減効果が期待出来ます。

腹式呼吸のデメリット

腹式呼吸のデメルっとについてです。

日常生活の中で行うのが難しいということでしょうか。

身につけば簡単ですが、練習が必要になります。

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸のやり方についてです。

  1. 仰向けになります。
  2. お腹に手を置くと息を吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹が凹みます。

これが腹式呼吸です。

しばらく続けて起き上がっても同じように呼吸が出来るように練習します。

腹式呼吸のコツ

腹式呼吸のコツについてです。

呼吸は、息を吸って吐くという動きですが、

ヨガやチベット体操の時にどのように腹式呼吸を行なっているでしょうか?

思いっきり吸って、力を込めて吐く

浅く吸って浅く吐く

早く吸って早く吐く

など、腹式呼吸と言っても個々人によって様々に違いがあります。

正しい腹式呼吸のやり方を身につけていくことが大切な要素になります。

正しい呼吸法のやり方は、少し練習を行うことが必要になります。

こちらも合わせてどうぞ↓

深い呼吸へ導くためのセルフマッサージ

腹式呼吸体験談

<体験談>

恥骨からあばら骨までを意識して、お腹をへこませることで、

横隔膜をより大きく動かすことができ、

単に腹式呼吸を考えて行っていた時よりも、

数段全身を、連携させて呼吸していくことができました。

チベット体操2級講座受講生

自分自身の呼吸に意識を向け変えて行くことで、

体調だけでなく精神状態にまで大きな影響を与えることができることを

実感しております。    

呼吸ヨガアドバイザー養成講座受講生

呼吸法を生活に取り入れて自分を改善する方法として生活していきたいです。

呼吸ヨガアドバイザー養成講座受講生

腹式呼吸をマスターするには?

腹式呼吸をマスターするには、全国のチベット体操インストラクターから

指導を受けることが出来ます。

オンラインでも指導を受けることが出来ます。

腹式呼吸を身につけて快適な人生にしましょう!

チベット体操教室

また、呼吸法のスペシャリストを目指す

呼吸ヨガアドバイザー養成講座もおすすめです。

◆チベット体操や呼吸法のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライススタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする