丹田呼吸法でセロトニンが増える?

丹田呼吸法でセロトニンが増える?

丹田呼吸法でセロトニンは増えるのでしょうか?

セロトニンが増えた場合どのような効果があるのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

丹田呼吸法でセロトニンが増える?

丹田呼吸法でセロトニンが増えるのでしょうか?

セロトニンとはどのようなものか見ていきましょう。

セロトニンとは?

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の一つで、

ドーパミン・ノルアドレナリンの情報をコントロールし

精神を安定させる働きをしています。

ドーパミンは、やる気や喜びに関係している神経伝達物質で

感情や思考とも関わっています。

ノルアドレナリンは、緊張感や危機感などに

関係している神経伝達物質です。

セロトニンが低下すると、

ドーパミン、ノルアドレナリンのコントロールが

不安定になりバランスを崩します。

バランスを崩すことで攻撃性が高まったり不安や鬱など

精神的に不安定な状態となります。

また、女性ホルモンの分泌が低下することでセロトニン分泌も低下します↓

近年、セロトニンの低下の原因に、

女性ホルモンの分泌の減少が関係していることが判明し

更年期障害と関わりがあることが知られるようになりました。

引用元:厚生労働省

また、セロトニンは、幸せホルモンの一つで心と身体を安定させ

幸福感を感じやすくする働きがあると言われています。

セロトニンを増やすには?

スマホやPCが欠かせない現代は、

セロトニン分泌が不足しがちと言われています。

セロトニン分泌を促すためには、

  1. 太陽の光を浴びる
  2. スキンシップ
  3. リズム運動

3つが重要になります。

詳しく見ていきます。

1.太陽の光を浴びる

セロトニンは、朝起きてから夜寝るまでの間分泌されます。

太陽の光を浴びることでセロトニンが活性化されます。

朝は、起きたらまずカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。

2.スキンシップ

スキンシップは、思いやりホルモンとも呼ばれる

オキシトシンの分泌を促します。

オキシトシンは、セロトニン分泌を誘発するので

スキンシップによりセロトニンが増えるとも言えます。

3.リズム運動

ガムを噛む、ウォーキング、呼吸法などのリズム運動で

セロトニン分泌が増えます。

丹田呼吸法でセロトニンが増える理由

丹田呼吸法でセロトニンが増える理由についてです。

呼吸法などのリズム運動でセロトニンが増えますが

普通の生きるための呼吸ではなく呼吸法をしっかりと

行うことが重要です。

丹田呼吸法20分間を坐禅未経験者に実施した結果

共感や直観領域である脳の前頭前野の活性化と

セロトニン分泌を増やしたという研究結果があります。

丹田呼吸法をマスターしセロトニン を増やし

ストレスフリーで幸せな日々を送りたいものですね。

丹田呼吸法でセロトニンが増える?まとめ

丹田呼吸法でセロトニンが増える?まとめです。

セロトニン分泌は、女性ホルモンとも関係しているので

40歳以降の方々は、丹田呼吸法を習慣化した方が

良いと言えそうです。

丹田呼吸法をマスターし幸せな毎日を送りましょう。

丹田呼吸法について詳しくは呼吸アドバイザー養成講座がオススメです。

◆チベット体操や呼吸法・瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする