呼吸が浅いとどうなる?原因と改善法も!

呼吸が浅いとどうなる?原因と改善法も!

浅い呼吸は、良くないと言われますが、実際、どのようになるのでしょうか?

また、浅い呼吸の原因は何があるのでしょうか?

改善法についても詳しく見ていきたいと思います。

呼吸が浅い?

呼吸が浅いというお悩みも多いようです。

yahoo知恵袋さんから引用してみます↓

呼吸が浅い原因ってなんですか?

私は普段から長い話をしたり、自分の意見を言う時に、息が続かず

自分の呼吸が浅いことに気が付きました。

引用元:yahoo知恵袋

呼吸が浅いと思います。 改善策を教えてください。

引用元:yahoo知恵袋

呼吸が浅い、息苦しいなどの症状は大体精神的な要因が大きいですか?

体に痛みなどはないようです。

一度おさまったけど再発している感じです。 ちなみに妻です。

病院に行きましたが原因がわかりません。

引用元:yahoo知恵袋

呼吸が浅いです。太っているから浅いのか、浅いから太りやすいのか

どちらですか

引用元:yahoo知恵袋

最近呼吸が浅いです 深呼吸するのも辛いです(苦しい)

たまに呼吸することを忘れてて苦しくなって呼吸してない事に気付きます。

引用元:yahoo知恵袋

呼吸が浅いと感じてしまい、焦って余計に呼吸が乱れます。

気がついたら呼吸を意識してて酸素足りないかもとか考えてしまいます。

引用元:yahoo知恵袋

まだまだたくさんあります。

呼吸が浅いというお悩みが多いですね。

呼吸が浅いと言うのは、良くないことのように思いますよね。

呼吸が浅いとどうなるのでしょうか?

呼吸が浅いとどうなる?

呼吸が浅いとどうなるのでしょうか?

呼吸が浅いと

  1. 慢性的な疲労
  2. 集中力の低下
  3. 心身の不調

などを上げることが出来ます。

詳しく見ていきましょう。

1.慢性的な疲労

呼吸が浅いと細胞の隅々にまで酸素が行き届かず体のエネルギーが不足し

慢性的にだるさや疲れやすさを感じます。

2.集中力の低下

呼吸が浅いと脳の細胞にも酸素が行き渡らない状態になります。

頭がぼーっとしたり思考がうまく働かずに集中力が低下します。

3.心身の不調

呼吸が浅いと筋肉の細胞にも酸素が行き渡らず血流が悪くなります。

自律神経のバランスも崩れるため肩こりや腰痛、冷え性、イライラなどの

不調が起こりやすくなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

浅い呼吸のデメリット!

呼吸が浅い原因

呼吸が浅い原因についてです。

呼吸が浅い原因は、

  1. 悪い姿勢
  2. ストレス

2つが考えられます。

詳しく見ていきます。

1.悪い姿勢

スマホやPCが手放せない現代ですが、長時間背中を丸めた状態が

続くと肺や呼吸筋が圧迫され呼吸が浅くなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸筋を鍛えるメリット!

2.ストレス

睡眠不足や疲れが溜まると自律神経のバランスも崩れます。

交感神経ばかりが働き呼吸が浅くなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

自律神経の乱れを整える方法!

浅い呼吸の改善法

浅い呼吸の改善法についてです。

浅い呼吸を改善するためには

  1. 腹式呼吸
  2. 姿勢改善
  3. 規則正しい生活

3つが重要です。

詳しく見ていきます。

1.腹式呼吸

呼吸が浅いと感じた場合は、意識して腹式呼吸を行いましょう。

ゆっくりとお腹を膨らませるように息を吸い、ゆっくりとお腹を凹ませるように

息を吐きます。

何度も練習してみましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

腹式呼吸は苦しい?コツは?

2.姿勢改善

猫背などの悪い姿勢は、呼吸が浅くなりますので背筋を伸ばすように

しましょう。

姿勢改善するためにはストレッチを取り入れることも大切です。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸筋ストレッチ体操の効果!

3.規則正しい生活

睡眠不足や疲労が溜まる生活は、自律神経のバランスが崩れやすくなります。

規則正しい生活でストレスを解消するように心がけましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

睡眠の質を上げる方法は?

呼吸が浅いとどうなる?原因と改善法も!まとめ

呼吸が浅いとどうなる?原因と改善法も!まとめです。

呼吸が浅いと心身の不調や集中力の低下に繋がります。

ストレスや悪い姿勢が原因ですので腹式呼吸やストレッチなどで

浅い呼吸を改善していきましょう。

誰でも簡単にできるチベット体操もオススメです↓

チベット体操のやり方

呼吸について詳しく学べる呼吸アドバイザー養成講座もオススメです。

◆チベット体操や呼吸・瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする