腹式呼吸で血圧が上がる?下がる?健康効果は?

腹式呼吸で血圧が上がる?下がる?健康効果は?

腹式呼吸を行うと血圧は上がるのでしょうか?下がるのでしょうか?

腹式呼吸の健康効果についても詳しく見ていきたいと思います。

腹式呼吸で血圧は上がる?下がる?

腹式呼吸で血圧は上がるのでしょうか、下がるのでしょうか。

yahoo知恵袋さんのお悩みから引用してみたいと思います↓

腹式呼吸について質問です。

緊張している時又は自分が「いつもと違う」と感じる時は

腹式呼吸をすると血圧や心拍数が安定したり下がるのでしょうか?

引用元:yahoo知恵袋

腹式呼吸について質問します。

文字通りおなかがパンパンになるまで鼻から息を吸い、

文字通りおなかと背中がくっつく寸前まで口から息を吐く…。

これを繰り返しながら血圧を測ると、上下と も20~30mmHg程度

下がることに気付きました。これは偶然でしょうか?

引用元:yahoo知恵袋

腹式呼吸で血圧や心拍数が変化するか疑問のようですね。

腹式呼吸は血圧にどのように関係するのでしょうか。

まず、血圧や心拍数について見てみましょう。

血圧とは?

血圧とは、心臓から送り出された血液が全身に送り出される際、

動脈の内側にかかる圧力のことを言います。

心臓が送り出す血液の量(心拍出量)と、血管の太さ(血管内径)

血管の弾力性によって血圧が決まります。

こちらも合わせてどうぞ↓

息を止めると血圧が下がる?

心拍数とは?

一定の時間内に心臓が拍動する回数のことで、だいたい1分間に

約60~100回となっています。

腹式呼吸と血圧

腹式呼吸と血圧の関係について見てみましょう。

呼吸は、自律神経の働きと深く関係しています。

自律神経は、交感神経と副交感神経があり、

緊張や興奮すると交感神経が優位になって血圧が上がります。

心身がリラックスするときには副交感神経が優位になり血圧は下がります。

腹式呼吸は、ゆっくりと鼻から息を吸い吐き出す呼吸法です。

ゆっくりとした呼吸は、副交感神経を優位にし血圧を下げます。

腹式呼吸で血圧が下がった体験談

腹式呼吸で血圧が下がった体験談についてです。

チベット体操インストラクターの先生から伺いました↓

レッスンにお越しになられている高血圧の生徒さんに腹式呼吸を

お伝えしたところ、2回目にお越しになった際に

「家でも、呼吸を意識して深くするようになって、血圧が10ほど

下がりました。もうビックリです。」

深い呼吸を意識するだけでも高血圧が改善されるというのは嬉しいですよね。

腹式呼吸の健康効果

腹式呼吸の健康効果についてです。

腹式呼吸の健康効果は

  1. 血圧を下げる
  2. 便秘改善
  3. ストレス緩和

などを挙げることが出来ます。

詳しく見ていきます。

1.血圧を下げる

腹式呼吸は、心身がリラックスして血圧を下げる効果があります。

2.便秘改善

腹式呼吸で副交感神経が優位になると腸の蠕動運動が促され便通が

良くなります。

3.ストレス緩和

腹式呼吸で心身共にリラックス出来ることでストレスが緩和されます。

こちらも合わせてどうぞ↓

呼吸法のリラックス効果でストレス解消!

腹式呼吸で血圧が上がる?下がる?健康効果は?まとめ

腹式呼吸で血圧が上がる?下がる?健康効果は?まとめです。

腹式呼吸は、副交感神経を優位にし血圧を下げる効果があります。

また、便秘改善やストレス緩和などの健康効果もあります。

正しい腹式呼吸のやり方を練習しましょう。

15種類の呼吸法が学べる呼吸アドバイザー養成講座もオススメです。

◆チベット体操や呼吸法のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする