歩行瞑想で不安や悩みから自由になる

歩行瞑想で不安や悩みから自由になりましょう!

歩行瞑想ってどんなものなのでしょうか?

詳しくみていきたいと思います・

ネガティブな感情に影響を受けないためには?

人生の中で誰にでもある感情の波。

楽しい、嬉しいポジティブな感情は、いいのだけれど

不安や恐れなどのネガティブな感情が続くと

押しつぶされそうになることもありますよね。

不安や悩みがなくなるということはありませんが、

適切に対処し、コントロールできる方法を身につけていれば

沸き起こってくるネガティブな感情に

それほど影響を受けないかもしれませんね。

不安や悩みを手放す

子供の頃から「これをやってはダメ」などの禁止用語を親や他人から言われ

心の深くに刻み付けられていると他人の評価を気にしたり、

自信がなかったりします。

今では、不要となった感情は、手放していくことが大切です。

自分の価値を低くすることはやめていきましょう。

自分の内面を観察し不要な感情を手放していくことで不安や悩みも

少しづつ軽減していきます。

毎日5分の瞑想を習慣にする

不安や悩みから自由になる方法は、

  • 慈悲の心を育む
  • 他者の幸福を願う

この二つが最良の薬であるとチベットでは言われます。

この二つを育む方法が瞑想になります。

瞑想を日々の習慣にすることで不安や悩みから自由になり

人生は、豊かになります。

こちらも合わせてどうぞ↓

瞑想のコツ

習慣化にオススメの歩行瞑想

瞑想を習慣化したいのだけれど、その5分がなかな続かない

という人も多いかもしれませんね。

そこでオススメなのが歩行瞑想です。

歩くという行為は、誰もが日々行っています。

この当たり前の歩く動作を瞑想にしてしまえば言い訳です。

歩行瞑想のやり方

歩く動き一つ一つに意識を向けながら歩きます。

最初は、少しゆっくりめに歩くとやりやすいでしょう。

一つ一つの動きを観察します。

同時に心も観察していきます。

心に他のことが浮かんだり、外の景色などに意識が向けられたら、

また、動作と自分の心に意識を向けます。

これを繰り返しながら歩きます。

歩行瞑想を習慣にすることで、細かな自分自身の心の動きや集中度など

さまざまな気づきが得られることでしょう。

歩行瞑想の注意点

歩く瞑想は、習慣化しやすく毎日行えますが、外で行っているため

いろいろな景色が目に入り心が奪われやすく

いつの間にか他のことを考えがちです。

意識が逸れないように目を閉じたり視線を外したりすることは危険なことです。

私たち人間は、日常生活の中で

目に入るもの、音で聞こえるものなど五感による影響を受けて

そこからいろいろな感情が発生しています。

歩行瞑想でそのようなことに深い気づきが起こるだけでも大きな成果なのです。

ですので、歩行瞑想は、安全に行いましょう。

こちらも合わせてどうぞ↓

マインドフルネス の効果とやり方

瞑想の危険性

瞑想を学びたい!

瞑想についてもっと深く学びたい!という方は、

瞑想インストラクターからアドバイスを受けることが出来ます。

オンラインでも相談できます。

全国のインストラクター

瞑想インストラクターになるには?

瞑想について学びアドバイスが出来る瞑想インストラクター養成講座

あります。

オンラインで御受講いただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする