丹光とは?映像や紫の光の意味は?

丹光とは?映像や紫の光の意味は?

丹光という言葉を初めて知りました。

丹光とはどのようなものなのか、映像や紫の光の意味についても

詳しく見ていきたいと思います。

丹光とは?

丹光についてです。

瞑想をしているときに『キラキラしたものが見えたり』していました。

しかし、最近何も見えないことが多くなりました。

薄暗~い感じです。時々人らしい顔が見えたりはしますが

何かしらの変化でしょうか?

というご質問を頂いたことをきっかけに、調べてみたところ、

丹光という言葉があることを知りました。

気功やスピリチュアル業界でよく使われている言葉のようです。

  • チャクラの光を見ている
  • サイキックな能力が覚醒したから
  • 魂の汚れがない人にだけ見える
  • 気のエネルギーを見ている

などと書かれていますね。

ポジティブな見解が多いので嬉しくなりますね。

この丹光と言われているものは、自分自身でも多く体験しましたが

施術中にもヨガやチベット体操の講座やヒーリングなどでもたくさん

聞いてきました。

鍼灸の施術中に瞼の裏側にキラキラと白い光が見えます。

ヒーリング中に紫の光が見えます。こんな映像が見えました。

あるいは、ヨガやチベット体操のシャバアーサナ中にも光や映像が

見えるなどたくさんの方々から体験談を伺ってきました。

私自身は、瞑想中やヨガやチベット体操のシャバアーサナ、施術中など

さまざまな場面で体験してきました。

その光や映像に名前がついていたとは、驚きです。

丹光の映像や紫の光の意味

丹光の映像や紫の光の意味についてです。

丹光と言われているものには、映像や紫の光、白く眩しい光、赤い光、

オレンジの光などたくさんあります。

レイキヒーリングでは、紫の光が見えるという方が多いです。

この見える映像や光の意味についてもご質問をたくさん頂いてきたのですが

  • サイキック能力が覚醒したのですよ
  • チャクラの光を見ているんですね
  • 汚れのない魂だからですよ

とお話させて頂いたこともあるかもしれません。

丹光の映像や光を追っているのって楽しいんですよね。

光への没入感や浮遊感みたいなものも感じますしね。

若い頃は、随分とこの遊びの中にいた感じがしますが、

そういう遊びはやめようと思ってから捉われなくなりました。

一方脳科学的には、脳の電気信号を見ているというようなことも言われますし

真実は、どうなのでしょうか。

これを瞑想ではどういう意味なのかと言うと

全部、雑念

ということなんですよね。

何度か瞑想中の映像や光についてチベットの僧侶の方に質問をしたことが

あるんですが、スルーされる感じでした。

チベットの教えでは、見えている映像も光も潜在意識の表れであって

そこを超えたところに無の境地、愛そのものの境地があると

言われるんですよね。

ただ、ヨガやチベット体操でも施術でも瞑想でも緊張状態の時には、

見えない感じがしますので映像や光が見える状態というのは、

深くリラックス出来ている証拠だとも言えると思うので、良い状態では

ないかなと思います。

映像や光が見える人がサイキック能力あるということもないと思いますし

見えないから魂が純粋じゃないとかそういうことではないと思います。

映像や光を楽しみたい方は、楽しんで頂いて、瞑想を深めたい方は

拘らないのがいいかもしれませんね。

こちらも合わせてどうぞ↓

瞑想中に映像が見える?

丹光とは?映像や紫の光の意味は?まとめ

丹光とは?映像や紫の光の意味は?まとめです。

瞑想やヨガ・チベット体操や施術・ヒーリング中に見える映像や紫の光のことを

丹光と言っているようです。

映像や光が見えるのは深くリラックスしている状態でもあると言えると

思います。

映像や光を楽しみたい方は、楽しんで頂くのも良いのではないでしょうか。

瞑想では、全て雑念だと言われますので、瞑想を深めたい方は、拘らないのが

良いかもしれませんね。

瞑想については、瞑想インストラクター養成講座もオススメです。

◆チベット体操や呼吸法・瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする