チベット体操効果なし?

Q &A:首・肩が凝るようになってしまいました

<質問>

チベット体操第二の儀式で首、肩が凝るようになってしまいました

<回答>

肩こり解消で始めたチベット体操だとしたら、とても困りますよね

でも、大丈夫です。

体操をして、逆に悪くなったと言うのは、身体の使い方に原因があるものです。

チベット体操も身体を使う体操なので、正しい筋肉の使い方が重要です。

チベット体操第二の儀式は、腹筋を使います。

腹筋がない多くの場合、首で足も上げてしまおうとされる方が多いようです。

また、首や肩こりがある場合は、首・肩周りの筋肉は、筋力も柔軟性もない状態です。

にも関わらず、首を使ってしまうと、痛めてしまいますよね

チベット体操で意識するところは、下腹部のあたりです。

腹筋をしっかりと使って、行うことが重要になります。

腹筋があまりない場合は、最初は、ゆっくりと3回出来るのを目指しましょう。

徐々に腹筋がついてきて回数を増やすことも楽になってきます。

Q &A:酔いそうになりやめてしまいました

<質問>

自己流でチベット体操を1年弱程してた時、マンダラみたいな幾何学的な模様がぐるぐる回るのが見えてました。

目をつぶってても回り酔いそうでした。

止めたくてもコントロールできず、それからチベット体操をやらなくなりました。

あれはなんだったのかなと思ってます。

<回答>

目が回り酔いそうな感じになるのは、チベット体操第一の儀式ではないでしょうか。

チベット体操の第一の儀式で酔いそうになる

というご質問もとても多く寄せられてきました。

特に更年期にさしかかってくるご年齢あたりからがご質問数がぐっと増えてきます。

40歳くらいを過ぎると筋力の落ち方が早くなってきます。

同時にリンパや血液の巡りも悪くなります。その状態で急に回ったりすると気持ち悪くなる方が多いようです。

チベット体操第一の儀式は、中心軸が取れている必要があります。

中心軸が取れている状態は、体幹部の筋肉がしっかりとあることが必要になります。

筋力が付き、代謝を上げていくことで改善されていきます。

最初は、ゆっくりと1〜3回回るようにし、その他の儀式も行っていきましょう。

1〜3回も回れない場合は、スワイショウをオススメしています↓

肩こり改善にもいい
肩こり改善にもいい

私には、向かないんだわ~と、やめてしまうことが一番、改善に繋がらないことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする