首こりが辛い!セルフケアで解消!

首こりが辛い!セルフケアで解消!

首こりが辛いというお悩みをたくさん伺ってきました。

首こりを解消するには、セルフケアが最も良い解消法です。

詳しく見ていきたいと思います。

首こりが辛い

首こりが辛いというお悩みは多いようです。

首こりがひどくなると頭痛や吐き気もしてきて本当に辛いですよね。

首こりが辛いというお悩みについて

yahoo知恵袋さんから引用してみます↓

ここ1年くらい前からは首が張って辛くなり、

背筋を伸ばして真っ直ぐにしているとどんどん首の後ろや横が

つっている感じになってきてしまい

支えるものがないと辛いです。

電車やバスでも首を壁にもたれかけていてもなぜか辛いのです。。

毎日頭痛がしてしまい、めまいのような視界が

フラフラしてしまう症状もあるのですがMRIは何も異常なかったです。

最近では首のことばっかり気にしてしまい、

仕事にならず本当に困っています。。

鍼に行ったり整体に行ったりしましたがあまり改善しません。

引用元:yahoo知恵袋

首こりからめまいや頭痛がするというのは辛いですよね。

鍼や整体院でも良くならないというのは、かなり頑固な首こりで

お困りなのではないかと思います。

首こり、肩こりが酷くて辛いです。

1ヶ月ほど前から首こり、肩こりを感じており、

あまりに酷くて生活に支障が出始めたので整形外科に行きました。

検査の結果特に異常はなく湿布を処方されただけでした。

湿布を貼っても治ることはなく、

それによる(と思われる)頭痛、吐き気なども次第に強くなってきています。

引用元:yahoo知恵袋

首こり・肩こりは、湿布ではなかなか良くならないですよね。

頭痛や吐き気まで起こるのは、とてもお辛いことと思います。

数年前から肩こり首こりが酷く、頭痛も辛いです。

週一のペースで頭痛がくるので、ロキソニン等を飲んでます。

幼い時から猫背でそれも影響してるのかなと思います。

とにかく頭痛、肩こり首こりの順番で改善したいです。

引用元:yahoo知恵袋

肩こり・首こり・頭痛はというのが毎日だととてもお辛いことと思います。

猫背が治ったら全部解決できるかもしれませんね。

重度の肩こり、首こりが辛いです。

看護学生な為毎日膨大な量の勉強やパソコン作業があり、

少し良くなってもまた悪化しての繰り返しで完治の兆しが見えません。

整骨院には2ヶ月前から週2,3回で通っています。

神経症状 も出ていたため整形外科にも行きレントゲンを撮りましたが

首に異常はありませんでした。

1度鍼治療を行った時期と課題が少なく家で安静にできた時期が被り、

かなり良くなったのですが

最近テスト勉強やパソコン作業などが続き症状がぶり返してしまいました。

肩や首、腰の筋肉が鉄板のように固く、

手や腕のしびれ、だるおもさ、冷感、頭痛、吐き気、全身倦怠感が

症状としてあります。

温めるのもストレッチするのも全く効きません。

引用元:yahoo知恵袋

首こりだけでなく背中全体やその他の症状が出ているというのは

かなり頑固な首こりのようですね。

毎日がお辛いことと思います。

首のこりがひどい場合、オイルマッサージか整体か接骨院

どこに行けばより早く楽になりますか?

自宅で首こりヨガなどをやっても追い付かないほど凝り固まって、

頭痛と吐き気がして辛いです。

引用元:yahoo知恵袋

首こりだけでなく頭痛や吐き気もあるというのは

本当にお辛いことと思います。

首こりが辛い原因

首こりが辛い原因についてです。

  1. 外的外傷
  2. 姿勢
  3. 加齢
  4. ストレス

4つが考えられます。

詳しく見ていきましょう。

1.外的外傷

過去にムチ打ちを起こしたり、事故やスポーツなどで頸椎に衝撃を受け

筋肉が硬くなった場合に首こりという症状が起こります。

2.姿勢

PCやスマホが手放せない現代は、姿勢の悪い状態が続くため

首の筋肉が過緊張を起こし首こりになります。

頭部は、ボーリングの玉くらいの重さがあるため、それを支える首の筋肉は

絶えず緊張状態を強いられることになります。

長時間のゲームやyoutubeを見ている姿勢も首こりを起こす原因です。

3.加齢

更年期を迎える前くらいからホルモンバランスの乱れにより

筋肉が硬くなりやすくなります。

加齢に伴い頸椎の間にあるクッション

の変形により周囲に炎症を起こし首こりとなります。

4.ストレス

長期間ストレスにさらされた状態は、心身が緊張した状態です。

緊張した状態は、筋肉を硬くさせ首こりの原因になります。

首こりをセルフケアで解消!

首こりをセルフケアで解消についてです。

首こりは、日常生活の中でセルフケアを習慣化しておくことがオススメです。

こまめにストレッチすることで首こりは治っていきます。

首こりを解消するストレッチをご紹介したいと思います。

首から背中・肩甲骨周りの筋肉は、深部にもたくさんあり、

マッサージではなかなか届かない筋肉も多いですね。

ストレッチでこまめにセルフケアする事がオススメです。

肩甲骨周りのストレッチ

肩甲骨周りは、こまめにほぐすようにしましょう。

  • 後ろで両手を組みます。
  • 届かない人は、タオルを使いましょう。
  • 左右両方行います。
  • 無理をすると痛めるので無理のない範囲で行いましょう。

背中のストレッチ

首から背中にかけての筋肉や肩周りの筋肉をほぐします。

  • 両手を後ろで組んで胸を天井に逸らします。
  • 肩甲骨を寄せるようにして行いましょう。

ねじりのポーズ

背中の筋肉をほぐしていきましょう。

  • 右膝を曲げ、左股関節の外側に置きます。左膝を立てます。
  • 右膝は、曲げずに伸ばした状態でもOK
  • 背中を出来るだけ伸ばします。
  • 左肘を右膝の外側に引っ掛けるようにして、右膝と左肘で押し合うようにして上半身を捻ります。
  • ゆっくりと鼻から息を吸い、ゆっくりと吐きます。
  • 反対側も同様にして行います。

チベット体操

首こりを治すセルフケアでオススメは、チベット体操です。

チベット体操の中でも特に第三の儀式がオススメです。

チベット体操第三の儀式は、胸を開くポーズですが、日頃から行う事で

首〜背中にかけての柔軟性を高めてくれますので、首こりの予防になります。

頭痛や吐き気がするなど首こりがひどい人は、体をほぐすストレッチを

やってから始めると良いかと思います。

チベット体操第三の儀式では、肩甲骨の間を前に押すようにして

胸をそらす事がポイントです。

チベット体操第三の儀式

こちらも合わせてどうぞ↓

チベット体操のやり方

首こりが辛い!セルフケアで解消!まとめ

首こりが辛い!セルフケアで解消!まとめです。

長時間の同じ姿勢や加齢により、首〜背中にかけての筋肉は、硬くなります。

深部の筋肉は、ほぐす事がなかなか難しいので

日頃からこまめにセルフケアでほぐしておく事がオススメです。

生活習慣に組み入れるのにオススメなのがチベット体操です。

簡単ですので、是非、一度お試しくださいね。

頭痛や吐き気がするなどの症状がきつい首こりの人は

ゆっくりとした呼吸法やストレッチを練習してから始めるのが良いですね。

お近くのチベット体操インストラクターの先生から

指導を受ける事も出来ます。

お近くにいない場合は、オンラインで指導を受ける事もできます。

チベット体操教室

◆チベット体操や呼吸法のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする