チベット体操の効果:視力

チベット体操で、視力が回復した、

飛蚊症が良くなった

などの体験談を頂いています。

チベット体操を行う事で目力が増すのかもしれませんね。

両眼0.6から両眼1.5に視力が回復

<体験談>

自宅レッスンの生徒さんの視力が回復しました!!

両眼0.6から両眼1.5に回復ました。

二年前に作っためがねが合わなくなったので、調べてみると、なんと視力が回復していたとのことでした。

大変熱心な生徒さんでほぼ毎週レッスンに来られます。

最近は9回~11回程度基本の儀式を自宅で実践されていますが レッスンでは3回程度21回を達成しています。

動きがお手本のように綺麗で、肌もとても綺麗になられ、サイズダウン、減量にも成功しておられます。

アプリでのお顔の見た目年齢がなんと20代です。

実年齢は40代の主婦です。

運動は苦手で特に運動経験はありません。

彼女の功績に本当に涙が出るほど嬉しいです。 

彼女は生徒さんでもあり大切な妹のような友人でもあります。

大阪・40代チベット体操インストラクター

飛蚊症が治り視野検査で70歳から30代に

<体験談>

ひどい飛蚊症だったのですが、チベット体操を行ううちにどんどん良くなっていきました。

チベット体操第一の儀式が良かったのではないかと思います。

また、免許更新の際に70歳以上の視野検査で30代という結果になりました。

飛蚊症も全くなく、視野も広がって嬉しいです。

チベット体操インストラクター

飛蚊症とは?

飛蚊症とは、黒い蚊やゴミのような物体が見える状態です。

眼を動かすとともにふわっと動き、白い壁や青空を見たときに自覚することがあります。

加齢とともに生理的な自然現象としてみられることがほとんどです。

しかし、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎いった眼の病気に関連して症状が現れることもあります。

こうした病気は視力の低下や物がゆがんで見えるといった症状を引き起こし、最悪の場合は失明に至る危険性もあります。

生理的な飛蚊症の場合、特に治療せず経過観察をします。

しかし、病的なものは何かしらの治療が必要になります。

両者を明確に区別して方針を決定するためにも、

飛蚊症が現れたときは眼科受診をすることが大切です。

引用元:https://medicalnote.jp

目にいいツボ

手の拳に目にいいツボがあります。

通常は、お灸を行うツボですが、手の拳を温めてあげてもいいですね。

拇指と中指背面第二関節中央

二間:示指を曲げ、橈側横紋端

大骨空:親指第一関節中央

小骨空:小指第二関節中央

拳尖:中指第三関節中央

チベット体操をマスターする

チベット体操を安全で正しいやり方で行うには、チベット体操インストラクターから指導を受ける事がオススメです。

お住まいの地域で近くにインストラクターがいない場合は、オンラインで受講することも出来ます。

全国のチベット体操インストラクター

チベット体操レッスン動画をプレゼント↓

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする