チャクラとは?

チャクラとは、エネルギーポイントのことですね。

エネルギーが渦を巻いて回っている様子から

サンスクリット語で《車輪》の意味を持つ《チャクラ》

と呼ばれるようになりました。

チャクラは、通常7つあるとされています。

チャクラの場所と意味

第一チャクラ:ムーラダーラ、ルートチャクラなどと呼ばれる尾骶骨のあたり、会陰のあたりに存在しています。生命エネルギーと関係しています。

第二チャクラ:スヴァティスターナ、セクラルチャクラなどと呼ばれるお臍から指4本下のあたり丹田に位置します。情愛のチャクラ、活性化していると親子関係、恋愛関係などがうまくいきます。

第三チャクラ:マニプーラチャクラ、ソーラープレクサスチャクラ

鳩尾辺りに位置します。プライドと関係、詰まっていると慢心

第四チャクラ:アナハタチャクラ、ハートチャクラ

胸腺の辺りに位置、愛のチャクラと言われています

第五チャクラ:ヴィシュッダチャクラ、スロートチャクラ

喉のあたり、コミュニケーションのチャクラと言われています

第六チャクラ:アージュニャーチャクラ、サードアイチャクラ

眉間の辺り、直感力のチャクラと言われています

第七チャクラ:サハスラーラチャクラ、クラウンチャクラ

頭頂

人格、霊性の統合のチャクラと言われています。

チャクラは、7つ以外にもあります。

また、チベット医学に基づくチャクラの意味合いは、もう少し複雑になってきます。

こちらも合わせてどうぞ↓

基礎チベット医学

チャクラと脈管

チャクラは、単体で働いているわけではありません。

ナーディーとも言われる脈管は、72000本もあると言われています。

このナーディーには、気、プラーナが流れていてチャクラとも深い関係にあります。

チャクラを開くためには、ナーディーも開いていることが重要です。

Q &A:チャクラは、7つだけ?

<質問>

チャクラは、7つだけですか?

<回答>

チベット医学においては、5つの門というのがとても重要です。

詰まっていると邪気が出ていかないので心身が辛くなりますよ〜

詰まりをとって巡りを良くしておきましょう。

ということなんですね

7つのチャクラが最も重要だと思っていらっしゃる方も多いかとは思いますが

それ以外にも重要なチャクラはあります。

5つの門と言われているくらいなので、まずは、この5つの門を開きましょう

ということでとっても重要です。

日常生活の中で、この5つの門をケアしておくと

いろんな面でとても楽になります。

不安やあせりなどもなくなるし、身体も快調、物事も思い通りに進みます。

Q &A:人間関係改善にチャクラは関係があるの?

<質問>

好きな人がいるのですが、なかなか自分からアプローチが出来なく悩んでいます。

どうしたらいいでしょうか?

<回答>

恋愛に奥手な方、パートナーとの関係でお悩みの方は、

まずは、自分の行動を変えようと思うよりも、

チャクラから、アプローチしてみてはいかがでしょうか。。

恋愛や情愛のチャクラは、第二チャクラになります。

丹田と言われている、お臍から指4本下のところです。

ここを活性化するんですね、

また、生命の原動力ともっとも深い関係なので活性化して

エネルギーが強くなると引き寄せる力が強くなります。

恋愛の場合は気になった相手から何かしらのアクションを

起こしてもらえるかも。

さらに第二チャクラは、

五大元素の一つ水元素と関係しているので活性化されると美しくなります。

こちらも合わせてどうぞ↓

チャクラを開くとどうなるの?

チャクラを学ぶ

チベット医学に基づいたチャクラ理論を学びたい方は、

チベットの秘儀・潜在意識書き換えの極意

が、オススメです。

チベット医学に基づくチャクラ理論、チャクラと潜在意識の関係を詳しくお話しさせて頂いています。

チベット医学の潜在意識理論は、非常に高度でまた、輪廻を通しての理論が特徴でしょうか。。

潜在意識を浄化するというのも魂レベルから浄化していくお話になっています。

実践型オンライン講座です。

チャクラを開きたい

チャクラを開いてみたい!という方には、チベット体操がオススメです。

無料メルマガにてチベット体操の魅力をお伝えしています↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
メールアドレス  *

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする