チャクラとは何?場所と意味は?

チャクラとは、何でしょうか?

チャクラの場所は、どこにあるのでしょうか。

チャクラには、意味があるのでしょうか?

詳しくみていきたいと思います。

チャクラとは何?

チャクラとは何かについてです。

チャクラとは、エネルギーポイントのことです。

エネルギーが渦を巻いて回っている様子から

サンスクリット語で《車輪》の意味を持つ《チャクラ》

と呼ばれるようになりました。

元は、ヨガやチベット医学の中に見ることが出来ます。

チャクラは、通常7つあるとされていて心身の働きと深い関係にあります。

チャクラの場所と性質

チャクラの場所と性質についてです。

チャクラの呼び方もいろいろあります。

  • 第一チャクラ:ムーラダーラチャクラ
  • 第二チャクラ:スヴァディスターナチャクラ
  • 第三チャクラ:マニプーラチャクラ
  • 第四チャクラ:アナハタチャクラ
  • 第五チャクラ:ヴィシュッダチャクラ
  • 第六チャクラ:アージュニャーチャクラ
  • 第七チャクラ:サハスラーラ チャクラ

詳しく見ていきましょう。

第一チャクラ

ムーラダーラ、ルートチャクラなどと呼ばれる尾骶骨のあたり、

会陰のあたりに存在しています。

生命エネルギーと関係しています。

第二チャクラ

スヴァティスターナ、セクラルチャクラなどと呼ばれる

お臍から指4本下のあたり丹田に位置します。

情愛のチャクラ、活性化していると親子関係、恋愛関係などがうまくいきます。

第三チャクラ

マニプーラチャクラ、ソーラープレクサスチャクラ

鳩尾辺りに位置します。

プライドと関係、詰まっていると慢心の状態に。

第四チャクラ

アナハタチャクラ、ハートチャクラ

胸腺の辺りに位置、愛のチャクラと言われています。

第五チャクラ

ヴィシュッダチャクラ、スロートチャクラ

喉のあたり、コミュニケーションのチャクラと言われています。

第六チャクラ

アージュニャーチャクラ、サードアイチャクラ

眉間の辺り、直感力のチャクラと言われています。

第七チャクラ

サハスラーラチャクラ、クラウンチャクラ

頭頂

人格、霊性の統合のチャクラと言われています。

チャクラは何個?

チャクラは何個あるのでしょうか?

一般的には7つということでお話が進んでいくことが多いかと思います。

チベット医学に基づくチャクラは、根本チャクラは5つです。

しかし、5つだけかというとそういうわけではなく

修行法や目的によって扱うチャクラというものが違ってきます。

ツボをミニチャクラだと考えるとするなら

とてもたくさんのチャクラが存在していることになりますね。

チャクラの意味

チャクラの意味についてです。

チャクラは、心と身体、エネルギーをつなげています。

エネルギーポイントのことですので、わかりやすく言うと

ツボのような働きもしています。

チャクラが整うことで心身のバランスが取れるようになります。

チャクラが詰まっているとそのチャクラの働きが

うまくいかない状態になります。

例えば人間関係で悩みがある場合は、第五チャクラが詰まっているとか

恋愛がうまくいかない場合は、第二チャクラが詰まっている

というようなことがあります。

チャクラの詰まりを取り除いていくことで、

心身のバランスが整うようになります。

人生での様々な問題や悩みが解決できるなら

チャクラを開きたいという方は、少なくないと思います。

チャクラを開いた状態というのは、

思い通りに願いが叶っていく状態でもあります。

心のコントロールも自由自在になります。

詳しくは↓

チャクラを開くとどうなるの?

チャクラを開く方法は、瞑想などさまざまなやり方が存在しています。

ご自分に合ったやり方で開いていくことがオススメです。

こちらも合わせてどうぞ↓

チャクラを開く瞑想

チャクラとは何?場所と意味は?まとめ

チャクラとは何?場所と意味は?まとめです。

チャクラには、それぞれ役割があり、

チャクラを整えることで心身のバランスが整います。

人生の問題や悩みは、チャクラを整えることで解決に向かうことでしょう。

チャクラについて詳しくは、

チャクラヨガアドバイザー養成講座がオススメです。

◆チベット体操や瞑想のメルマガも無料なので読んでみて下さいね↓

チベット体操で叶える理想のライフスタイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする