体験談:チベット体操は究極のストレス解消法

現代は「ストレス社会」といわれるように、私達は毎日多くのストレスに晒されています。

ストレスとは?

ストレスをそのまま放っておいたり溜め込み過ぎたりすると、

不眠やうつ、食欲減退など様々な病気に掛かるリスクが高まり、最悪の場合、日常生活を正常に送ることができなくなってしまう可能性があります。

ストレスを溜めないためには、こまめなストレス解消を上手に行っていく必要がありますが、

ストレスが溜まりやすい環境に置かれている方ほど、

仕事や家事、子育てなどに追われ

「そもそもストレス解消を行う時間がとれない」という場合が多いかもしれません。

そのような方にお勧めしたいのが、チベット体操です。

一般的に、ストレスなどによって交感神経と副交感神経のバランスが悪くなると、私達の体に様々な不調が表れてしまいます。

チベット体操は自律神経の乱れを整えてくれる効果があるため、

芸能人や有名なスポーツ選手など、

各界の著名人が健康な体を維持する目的でチベット体操を取り入れているのです。

チベット体操は6つのポーズを続けるシンプルな体操で、

1回のポーズに必要な時間が10分程度であることと、

他の運動や体操と比べ、

小さいスペースでも行うことができるのが人気です。

もちろん効果には個人差がありますが、地道に続けていくことで、

「体力や筋力が増加した」「見た目が若返った」という報告も上がっており、

その他にも多様な効果を期待することができます。

親子関係が改善しました

<体験談>

子供との関係にとても疲れていました。

子供は10代後半で、高校を退学し、たびたび家出して、そのたびに補導され、
警察に呼び出される・・・ということ繰り返していました。

親子の対話を持ちたいけど、話も聞いてもらえない。

精神的にも肉体的にも疲れていました。

それが、チベット体操を始めてから、少しずつ考えが変わってきました。

子供と自分のことを切り離して考えられるようになり、子供を一人の人間として扱えるようになりました。

そこから、どんどん関係が改善していって・・・、

今では、一緒にチベット体操することが日課になっています。

親子の関係をチベット体操が繋いでくれた!

と、感謝の思いでいっぱいです。

50代女性

過敏性大腸炎が良くなりました

今月にセミナーを受けさせて頂いたので、チベット体操をまじめに行っています。

長年、過敏性大腸炎や逆流性胃腸炎を交互に患っていいたのですが、

チベット体操で過敏性大腸炎の症状である「ガス」や逆流性胃腸炎の症状である「膨満感」が気づけば薄らいでいるような気がします。

本当に辛かったのでまだ、チベット体操をやり始めて一週間なのでこのまま継続して改善に向かえばいいと思っています。

40代女性

胃の違和感が無くなりました

2年くらい、胃に詰まったような違和感があり胃カメラなど検査しても異常無し、また、髪にコシやハリがなくなってきて年齢を感じ始めていたこともあり

そんな時に若返りの体操チベット体操を知って始めると2ヶ月くらいしてあんなに気になっていた胃の違和感がすっかりなくなりました。

おそらく第六の儀式が効いたのではないかと思います。

髪も若い頃のようにふさふさになることを期待して続けます。

50代男性

出産後の脱力感を味わえました

シャバァーサナでは、出産後の、あの脱力感を味わえた。 

呼吸法や、チベット体操をして、妊娠できたら、1人目の時とは違うスムーズな(気持ちも穏やかに、リラックスして)出産ができそうだと思った。

30代女性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする